meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった40歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅韓国映画ヤバすぎる、すごすぎる。ひたすらインフォグラフィックスの積み重ねでもはや小宇宙レベル

韓国映画のレベルの高いことと言ったら

もはや世界一なんじゃないか。

 

娯楽、教養、哲学、愛、社会問題…

人類のあらゆるものをたった2時間に仕舞い込んでいる。

 

見事だ。

素晴らしい。

 

邦題がよくないけど。

 

知人に紹介されて

映画「白頭山大噴火」を探した。

 

Amazonプライムで500円で観れた。

 

観たら「ベルリンファイル」などにもでている名優主演の作品だった。

調べたら、名前はハジョンウという方らしい。

 

もう一人有名な人だなぁと思ったら

イ・ビョンホンというお名前らしい。

 

「白頭山大噴火」という邦題が日本人には全く興味を抱かせないのだけど

超名作だった。

 

作った人すごすぎる。

 

作品を通して貫くイメージは

こんな感じか。

 

  • 人類の普遍性と家族愛
  • 足るを知ることの多幸感
  • アメリカの欺瞞と韓国政府の無力さ、総じて韓国の危うさ(これは日本とほぼ同じ構図)

 

全てにおいて

表現の仕方が示唆的で普遍的。

 

2時間ちょっとの時間に

これだけ複雑で哲学的な世界観を埋め込めるって

もうすごい。すごすぎる。

 

2013年の韓国映画「FLU 運命の36時間(字幕版)」では

コロナを予見していたとしか思えない映画で

2019年に

中国で実際起きていたであろうことが

2013年に映像化されていた。

 

こんなに興奮したら寝られない〜