meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった40歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅「相場心理学」という絶対に知っておくべき世界

良き友人に本を紹介された。

 

良き友人が選び抜いて紹介してくれた本は

価値の高さは特筆もので

もはや小宇宙であった。

 

「相場心理学」に関する本。

 

聞きなれないし

怪しい雰囲気さえある。

 

しかし、お金とは切って切れない世界で生きる私たちには

絶対に必要な視点なのだという。

 

その中でも特にお勧めなのが

「ゾーン」

だそうだ。

 

たいていの本屋に置いている。

 

僕も買ってみた。

 

本書の訳者によると

「zoon」を敢えて訳すなら「明鏡止水の境地(邪念のない落ち着いた心境の中)」ということらしい。

 

分厚い本でなんだか難しそうだが

表現は平易である。

 

平易だが書いている内容はいたって哲学的で逆説的である。

 

つまり「株で稼ぎったかったら、自己を見つめなさい」と

繰り返し説いている。

 

その語気はいたって冷静で、聖人に語り掛けられているような気さえする。

 

聖人の語り口で「相場心理学」について説かれている。

 

株式投資に関して書いてあるが

いたって内向的な内容で

株式投資特有の、金に群がるきな臭さがない。

 

不思議な本である。

 

しかし、僕がまさに求めていた本であった。

 

この本は2002年に日本で訳本が出た。

 

この本を読み始めると

この本を参考に、たくさんの本が出ていることがわかる。

まさに現代が生んだ古典なのだろう。

 

以下備忘録。

 

第一章「成功への扉」

  • 最高のトレーダーになる人はごく一部
  • ほとんどの人はトレーダーになるときに十分な指導を受けていない
  • トレーダーの本質とは「逆説」
  • 最高のトレーダーは「リスクテイカーとして誇り」がある
  • 売買におけるリスクの把握、リスク許容が第一歩
  • リスク許容の技術には、売買技術の習得が必要
  • リスクを把握しておかないと、情報を追いすぎて情報過多に陥り、恐怖心も加わり視野が狭まり、損失を出す ➔ 心理的ギャップ
  • チャートを見ても「心理的ギャップ」が邪魔をする
  • 「最高のトレーダー」になるには「売買における自分だけの姿勢と信念の習得」「無謀になるのを防ぐための枠組みの構築」

 

この本、すごい。

普遍的だ。

 

この考え方はダーウィンの「進化論」みたいに

いつか必ず世界の常識となる。

 

ゆっくりと読んで

読み直して

きちんと自分のものにしたい。