meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった40歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅住所を変える意識

山形県内では、鉄道と道路が雪で麻痺した。

 

水分をたっぷりと含んだ雪。

空気も重くるしい。

 

悪評名高い山形市の除雪道路は

やっぱり凹凸が激しく

道路はどこも渋滞した。

 

山形市内全体に

イライラした空気が流れているように感じた。

運転の荒い車が多い気がした。

 

いや単に

自分がイライラしていただけなのかも知れない。

 

過去に知り合った人からの頼み事や

よくわからない失礼な発注なんかもあり

イライラしていた。

 

イライラしている今こそ

このイライラをきちんと消化したい。

 

頭にあることをひたすら文字化した。

 

今のところは

「自分がどこの住民になるのか?」

に尽きると思った。

 

「テレビ業」から

直接動画を請け負う「直接動画業」へ。

 

今年は「直接動画業」で

生きてくることができた。

 

生きることができるが、

しんどすぎる。

 

目だけを酷使するのがしんどい。

 

全てがオーダーメイドなので

脳波の消費エネルギーが大きい。

 

そうした本物の商品はそれほど求められていない。

 

もっとエネルギー消費量を減らして

量を増やす方法に移行する必要がある。

 

そのためにはAFは必須だ。

 

AFに習熟する必要がある。

 

その上で自分の住所を

この山形市からWeb上に移す必要がある。

 

「直接動画業」から「間接動画業」へ。

 

そのためにもAFが必須だ。

 

稼ぐためのAF。

自由を手に入れるためのAF。

 

プレミアは習熟した。

次はAFだ。

 

山形市というリアルから

AFとPPの境界線、間へのWebへお引越し。

 

 

引越しは大変だ。

大変だけど絶対に必要な行為。

 

しばらくは情報収集を遮断する。

 

f:id:kokotoriri:20211229202127j:plain

 

そして明日はスケートに連れていく。

早く寝よう