meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった40歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅NHKへの怒りをどう収めるか

先日の一件で

僕の心の残るNHKに対する強い怒りが

消化されていないことがわかった。

 

参考

✅NHK様々だと思っているNHKたち

 

ただ

あの横柄な天狗カメラマンも

平気でフレームインしてくる素人記者も

下手に刺激すると激しく仕返しされる

僕のことを「要注意人物」だと認識しただろう。

 

そうなると

もうこちらの機嫌を損ねるようなことはしてくるまい。

 

僕には苦い思い出がある。

 

NHKに対して仕返しし損ねた

苦い思い出だ。

 

記者になりたてのころだった。

 

記者はたいてい

取材時の質問内容で

互いの実力を知る。

 

カメラマンも同じで

どのタイミングで何を撮っているかで

互いの実力がわかる。

 

放送されたものを見て

さらにその実力がわかる。

 

初めのころは僕のレベルは低かった。

 

他者、特にNHKや民放最大の局からは

舐められっぱなしで

さんざん邪魔もされた。

 

特にNHKがひどかった。

 

しかし、自分の仕事をこなすことで精一杯で

邪魔をしてきたNHKに仕返しする余裕もなかった。

 

横暴で冷酷ないじめをしてくるNHKに対して

怒りは募る一方だったが

解消することはできなかった。

 

しかし数年経ち

気が付くと

僕に対する他社の態度ががらりと変わった。

 

僕自身が成長して

記者会見で僕の質問が全社で使われたり

僕が先に気付いて撮影して他社が追いかけてくる

ということがたびたび発生するようになった。

 

するとNHKもほとんどの人が

邪魔をしないようになった。

 

邪魔をするプロダクションのカメラマンには

仕返しをするようになった。

 

ただ、仕返しをすると

さらに仕返しをしてくるのがわかった。

 

彼の苗字はKと言った。

 

NHKの記者に聞いたら

「Kは無能。帰ってから編集マンにものすごく叱られるから、余裕がない」

 

Kは取材現場ではNHKとしてふんぞり返っているが

NHKに帰ればプロダクションの無能なカメラマンとしていじめられているらしかった。

 

ただ、他社の邪魔しているのは彼自身自覚しているらしかった。

 

そこで僕は彼が入ってきた瞬間

大きい声で「NHKさん邪魔ですよ」

と言うことにした。

 

彼が撮影している瞬間話すことで

僕の声が録音され

編集マンに聞かせるためでもある。

 

Kは最初のころはそれでも無視して撮影しているうちに

僕のことを警戒するようになった。

 

そして邪魔をしなくなった。

 

僕のことは邪魔しなかったが

Kは民放のカメラマンほぼ全員から相当なひんしゅくを買っていた。

 

こうした経緯が

「NHKはきちんと言葉や態度で示さないといけない」

と思わせた。

 

Kは仙台放送局に異動したらしい。

 

無能なKは何歳になってもプロダクションの地方カメラマンとして

街ネタ・暇ネタを撮影し続けるのだろう。

他者を邪魔しながら。

 

そして

Kの代わりにきたカメラマンが僕の怒りを買う言動をとった。

 

これがNHKなのである。

 

都会も地方も

全国津々浦々

「NHKと民放の関係は最悪」だという。

 

全国でこうしたことが行われているのだ。

 

しかも湯水のように経費を使っているのを目の当たりにしながら。

 

できればこんな組織に関わりたくない。

 

しかしテレビ業をするうえで必ず接することになる。

 

ときあるごとに怒りを覚えるだろう。

 

どう解消したらいいだろうか?

 

NHKの横暴さを撮影してドキュメンタリーを作れんないだろうか。

 

タクシーで乗り付ける様子や、無駄に運転手を使う様子

大名行列のようにやってくる取材、横柄に歩く姿。

現場で一人よがりに取材する姿、

邪魔する様子、取材相手にやらせをさせる様子、

インタビューの内容を遠回しにも強制する様子

それにも関わらずレベルの低いローカルニュース…

 

撮るべきところはたくさんあるんだけど。