meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった40歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅コロナの収束めどが見えたか

きょうの日経新聞の朝刊に

コロナの収束の目処を予想できる記事が載っていた。

 

1面に「世界摂取量『年内に確保』」

 

今年末までに、世界で必要な分の生産を超えるという。

f:id:kokotoriri:20210908201910p:plain

2021年9月8日 日本経済新聞

 

そこで問題になるのが

先進国が途上国に配分できるか、ということらしい。

 

ただ、ここでの落とし穴は

およそ半分が中国製だということ。

 

2面に関連記事が載っていた。

f:id:kokotoriri:20210908201905p:plain

2021年9月8日 日本経済新聞

中国製ワクチンを打ったチリなどでは
摂取が終わっても新規感染が止まらないらしい。

 

チリやタイでは

中国製ワクチンを打っても結局

欧米製ワクチンを打ち直しているという。

 

ということで

中国製ワクチンを除けば

世界の8割が打つには2022年4月以降になる、とのこと。

 

中国製は効果が薄いのがわかっているなら

打たないに越したことがない。

 

 

ワクチンが行き届くまで

再来年4月か〜。

 

ただこれで

コロナ収束の具体的時期が示された形。

 

もう一つ気になったのがこの記事。

キューバ

2歳以上にワクチン摂取を始めた。

f:id:kokotoriri:20210908202722p:plain

2021年9月8日 日本経済新聞

 

5歳児を育ている身としては気になるニュースだ。

経緯を見守りたい。

f:id:kokotoriri:20210908202902p:plain

ダンスする双子