meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった40歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅貸し物件でまた雨漏り

きのう山形県内の寒河江・西村山で大雨が降った。

 

ものすごい雨だったそうだ。

 

僕は小雨の米沢にいて全然わからなかった。

 

夜ラインが来た。

 

最近誰ともラインしていないから

「誰だろう?」嫌な予感がした。

 

タナゴだった。

「また激しい雨漏りです‼️」

 

動画には

天井から滴り落ちる水がうつっていた。

 

不気味な黒い水だった。

 

きょうは急ぎの編集があった。

 

でもきのうまでのロケで疲れていた。

 

午前中いっぱいは寝て過ごす。

 

お昼を食べて仕方がなく物件に向かった。

 

屋根に上がって見てみる。

 

相変わらずひどい屋根だった。

 

雨漏りの箇所をじっくり探したけど

見つからなかった。

 

これまで対策したところも

問題なかった。

 

灼熱の太陽のしたで

屋根に上がるのはきつかった。

 

息が上がってきた。

 

意識が朦朧となる。

 

どこだ?

 

もしや?

 

f:id:kokotoriri:20210730221703j:plain

 

屋根の中を触るとじっとりと湿っていた。

 

ここか。

 

もしかして今回の雨は

ただの雨ではなく

強い風を伴っていたのでは?

 

タナゴに電話して聞くと

「植木が倒れるほどの風。横殴りの雨」

 

そうだ。

きっとここだ。

 

以前頼んだ大工さんが半端なままで逃げてしまったところだ。

 

知り合いの不動産屋さんに頼むと

二つ返事で受けてくれるけど

こういう半端仕事でうやむやにされることが多かった。

 

かといって

まともな業者さんに頼むと

「こんなの屋根の限界。全部張り替えろ」と言われ

相手にしてくれない。

 

「緊急措置?そんなの自分でやれるでしょ?」

 

やれやれ。

 

空き家再生の不動産投資はもうこれきりにしよう。

 

あまり人と会わずに済む仕事がいい。

 

あしたは初のスチール撮影の仕事。

そこからまた米沢で編集。

 

ヘビーな1日になりそうだ。

 

ここを乗り切れば少し落ち着く。

 

頑張ろう。