meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった40歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅自分は映像に向いているのか問題

最近ダメ出しされたことに

共通点があることに気がついた。

 

洗練された映像が足りない、

ということだ。

 

自分でもそのことに気がついていた。

 

しかし、洗練された映像は

撮るのに時間とエネルギーがかかる。

 

何より下準備と機材が増えるのが嫌だ。

 

僕は最低限の機材で

その場でささっと撮りたい。

 

足りないものは編集で補う。

 

しかしそのやり方も限界がきたのか

洗練された映像を求められていることに気がついた。

 

きょうの撮影では

プロデューサーが音声担当として一緒に来た。

 

僕はディレクター兼カメラ。

 

ディレクターである僕はプロデューサーの下である。

 

プロデューサーの意見を聞かねばならない。

 

彼は僕の撮影をモニターで見ながら

細やかに指示を出した。

 

とても勉強になった。

 

これぐらい具体的に指示されると

僕も撮影できた。

 

一方で

常に被写体の表情にこだわる僕に対し

プロデューサーは面倒がった。

 

動画の良し悪しを

出演者の表情で判断する僕と

映像の質で判断するプロデューサーとの違い。

 

まあ、どっちも大切。

 

映像の質か。

 

そこが弱点なのは気がついていた。

 

編集でごまかそうとせずに

きちんと向き合うとするか。

 

映像に向いているのか問題の考察は次の機会に。

 

映像が人間の印象や理解に大きな影響力を与える以上

僕は映像に向き合わなければならない。

 

それはわかっているのだが。