meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅いろんなことが節目にきてる

車のバンパーから変な音がした。

 

車屋に行ったら

「エンジンが原因。車を変えた方がいい」。

 

20年で20万キロ走るつもりで買った。

14年で8万6千キロしか乗っていない。

 

 

世界が誇るトヨタ車だから

それぐらい大丈夫だろうと思っていた。

 

僕のメンテナンスが適当だったのもあるだろう。

 

いよいよ貯金も尽きたし

いろんなことが節目にきているということなんだろうなと

染み染み思った。

 

融資申し込み

きのう、銀行の残高が数万円になった。

 

商工会議所と信金に借金を申し込んできた。

 

きょう夕方にともに連絡が来た。

 

商工会議所はNG。

 

信金は8%ローンで30万円だけOK。

 

やれやれ。

仕方ないな。

 

リラックスして

この2週間は久しぶりにのんびりと過ごしている。

 

貯金が底をついてしまったのは

全て不動産投資失敗が理由。

 

1軒目の不動産投資でなまじっかうまくいってしまったせいか

3軒目4軒目は雑になってしまった。

 

慢心した。

 

ただ、心を入れ替えて映像業に精を出したおかげで

収入そのものは増えている。

 

おかげさまでリピーターや固定客が出来はじめ

仕事は順調に入ってくる。

 

本屋巡り

そもそも借金したい理由は旅行業協会に入会し

旅行業を開業したいがためだった。

 

開業にあたり

資産も提出しなくてはならないのだが

借金を断られるくらいなら

旅行業の申請も通るまい。

 

とりあえず今は

急がば回れ

急く気持ちをいなし

映像業に専念してお金貯めないといけないなぁと思った。

 

旅行業を開業しないとなると

そもそもまとまったお金は必要なくなり

なんとか今をしのげさえすればいい。

 

今をしのぐならなんとかなる。

 

そう思うと映像業だけしてればいいのかと気が楽になった。

 

どうしようもなくなれば

きっと天がなんとかしてくださる。

 

この機会だからと

青色申告会で資産の見方を教えてもらい

入院している友人を見舞い

庭の雑草をむしり

粗大ゴミを解体した。

 

木製のドアをひたすら斧で叩き割っている僕をみて

双子は

「パパかっこいい」と

目を輝かせた。

 

斧のフォルムのかっこよさがわかるなんて

我が子ながら

なかなかいいセンスしてる。

 

双子が遊び疲れて昼寝に向かうと

僕は歩いて本屋に向かった。

 

歩きながら

旅行業開業しようがすまいが

とりあえず通訳の資格を取ろう。と思った。

 

「通訳案内士」。

 

地理問題は他の資格で免除されるので

問題は、歴史と中国語。

 

歴史も見た感じ中学程度で

そんな難しくない。

復習+αで済みそう。

 

中国語も旅行に特化した単語とか表現が出るだけで

そんなに難しくない。

 

でも試験対策は必要だ。

 

収入の心配をせずに

勉強だけしていたい。

 

本屋をぶらぶら歩いていると

読んで見たい本がたくさんあった。

 

映像業は4月になったら

お役所営業しようと思っていたけど

思いの他忙しくて実現していない。

 

この本、すごく参考になりそうだ。

f:id:kokotoriri:20210428220248j:plain

地方自治体への営業 〜実は「お役所」こそが、ビジネスチャンスの発信地

3D映像が作れるスケッチアップ 。

久しぶりに新刊が出たようだ。

 

なぜか僕は

スケッチアップが使える。

f:id:kokotoriri:20210428220252j:plain

SketchUp ベストテクニック120

これで食っていこうと思えば食っていける。

でもその道を選ばなかった。

 

素敵なイラストの台湾本。

いずれカフェを経営する時が来たら

この本を飾ろう。

f:id:kokotoriri:20210428220256j:plain

台湾 路地裏名建築さんぽ

こんな国家資格ができていたのか。

内容も興味深い。

f:id:kokotoriri:20210428220300j:plain

キャリア教科書 国家資格キャリアコンサルタント学科試験 テキスト&問題集 第2版

キャリアコンサルタントか。

 

「それ何する仕事?」って

思わせる感じがいい。

 

映像系の人を独立させたりする

起業コンサルタントになりたいな。

 

旅行業は台湾・中国人VIP限定にしたツアーで

月に1組とかでいい。

 

むしろそれぐらいにしないと体がもたない。

 

週に7日間が映像業

5日間が旅行業

5日間がコンサル業。

 

あとは

事務作業と営業とビールの日。

もうちょっと

たくさんやりたいこと

学びたいことはあるけれど

人生は一度きり。

 

通常で考えれば

やれる仕事もあと一つなのかな。

 

もうちょっと映像業を頑張ろう。

 

あーだこーだわがまま言わず

映像業に集中すれば

ビジネスチャンスはごろごろ転がっている。

 

みんな動画を作りたいんだもの。

お客に補助金を活用してもらえばいいんだもの。

 

あと2年かな。

もうちょっと我慢しよう。

 

まずはこの子たちをちゃんと食べさせなきゃ。

 

f:id:kokotoriri:20210428221726j:plain

f:id:kokotoriri:20210428221723j:plain