meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった40歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅のんびりスケジュールで

独立して2年半。

突っ走ってきた。

 

その間、幾多の人ともめ

幾多の道具をなくしてきた。

 

一方で

必死に仕事をすることで

リピーターが増え始めた。

 

長い閑散期

去年の今頃はもろにコロナの影響で

レギュラーの仕事が全部ぶっとんだ。

 

その前の年に独立したばかりで

固定客はいなかった。

 

十数万円の不動産収入しかない。

 

そんな月が数か月続いた。

 

焦りが新たな技術獲得に走らせた。

 

何を得ているのかわらかないけど

とにかく気ぜわしいさで

仕事のなさからくる不安を紛らわせるしかなかった。

繁忙期

コロナが収まってきたかのような雰囲気もあり

イベントの多い秋ごろから仕事が来るようになった。

 

そうこうしているうちに

忙しくなりすぎて

夜中に納品して早朝から撮影に行く、

なんていう生活が続いた。

 

ヒステリックな生活だった。

敢えてゆっくり

超多忙期も落ち着いた。

 

いい感じで仕事がポツリポツリと入ってくる。

 

今のところ営業をかけることもするまい。

 

会計学の本を読んだり

小説を読んだりして時間を潰す。

 

あした商工会議所に出向き

マルケイ融資を申し込んでみる。

 

そのついでに信金にも

確定申告書や決算書を渡してこよう。

後日融資相談に行く。

 

今旅行業立ち上げとか言っても

なんか渋い顔されそうなので

「コロナで仕事が限られているんです!!運転資金助けてください」一本で行こう。

結論

固定客もついてきた。

僕を指名してくれるお客さんも出てきた。

 

のんびりやりながら

仕事の時だけきっとする。

 

それで今年はなんとか黒字になりそうだ。

 

コロナはワクチン打っただけで回復するかなぁ。

f:id:kokotoriri:20210426214322j:plain

f:id:kokotoriri:20210426214339j:plain

25日朝の山形新幹線と山手線東京駅

 

懐疑派です。