meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった40歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅桜🌸満開

久しぶりの休日だった。

 

今週はよく働いた。

(働かされた)

 

もめた

フリーランスの分際で「働かせすぎだ」と局に抗議したら

案の定、もめた。

 

すぐに僕の発注元にクレームがいった。

 

発注元が、僕とも仲良い他の社員に探りを入れた。

 

その社員が僕にストレートに聞いてきた。

 

僕も発注元に電話した。

 

発注元は

「厳しいかも知れないがそれがフリーランスという最底辺の世界だ。謝るのか、自分を通すのか、決めたら教えてくれ」

 

今の僕は目先のお金が必要なので

謝らないわけにいかなかった。

 

形式上

謝ることにした。

 

こっちが形式上謝ったら

向こうさんもきちんと謝ってくれた。

 

「くさびを打った」形となったけど

これ以上もめることがあれば

本当に契約をきられるので

もう一度もめることがあれば

縁がなかったということになる。

 

そんなこんなで

毎夜遅くまで働いていたので

双子と遊ぶ時間がなかった。

 

カメラを持って出かけた。

 

出発

双子は

「電車が見える公園に行きたい」

と行った。

 

双子はおととい

山形市の桜の名所

霞城公園に行っていた。

 

霞城公園のこと?」

 

「そう!!霞城公園!!」

 

ソファで寝転がる僕に

双子は

「パパ連れてって」

を連呼した。

 

11時まで休みをもらって

11時15分に家を出た。

 

霞城公園に向かったが

街中に行くのが億劫だ。

 

霞城公園は元々

明治時代から日本軍の敷地だった。

 

鉄道は軍人を大量輸送するためのものであった。

 

山形駅

霞城公園の隣に作られた。

 

結果的に

山形駅の繁華街のすぐそばに

霞城公園がある。

 

街中だ。

 

なんか面倒くさい。

 

渋滞してたらやだなぁ。

 

ふと馬見ヶ崎川を通った時

双子の一人が

「お花きれい!!」

と叫んだ。

 

そうか!!

馬見ヶ崎川沿いも桜の名所だ。

 

霞城公園じゃない場所でいい?」

 

護国神社にしよう。

あそこも霞城公園同様

明治時代に植えられた桜のはずだ。

 

護国神社

桜は満開だった。

 

f:id:kokotoriri:20210410230553j:plain

 

でも人はまばらで

駐車スペースもたっぷりあった。

 

f:id:kokotoriri:20210410230415j:plain

 

f:id:kokotoriri:20210410225219j:plain

f:id:kokotoriri:20210410230322j:plain

f:id:kokotoriri:20210410225743j:plain

f:id:kokotoriri:20210410224956j:plain

 

桜は厳しい冬が終わった象徴でもある。

桜を見る人たちの表情はみな、優しい。

 

桜を囲むあの表情がいい。

 

f:id:kokotoriri:20210410225007j:plain

f:id:kokotoriri:20210410225042j:plain

f:id:kokotoriri:20210410225633j:plain

f:id:kokotoriri:20210410225152j:plain

 

一人は「怖い」といって

お参りしようとしなかった。

 

こうして手を合わせて目をつむる行為が

ものすごく大切だなと最近つくづく感じる。

 

お寺や神社は

そうした行為を行うための舞台装置だ。

 

f:id:kokotoriri:20210410230517j:plain

f:id:kokotoriri:20210410230446j:plain

f:id:kokotoriri:20210410225140j:plain

f:id:kokotoriri:20210410225705j:plain

 

さらに隣にある公園で

さんざん付き合わされた。

 

f:id:kokotoriri:20210410230625j:plain

 

鉄棒をおりるのを手助けした。

 

「しっかり掴んで」

「足をからませて」

「ふとももで挟んで」

 

f:id:kokotoriri:20210410232422j:plain

 

教えたらすぐにできるようになった。

 

公園の親同士は

隣で一人で遊んでいた女の子

たぶん3歳ぐらいの子が

そばに立ってうらやましそうに見ていた。

 

その子も鉄棒で降りようとした。

 

危ないので僕も双子にするように

アドバイスして足を支えてあげた。

 

すると遠くの椅子に座っていた父親がやってきた。

 

僕を見ずに小声で「すみません」というと

「一人で遊びなさいっていつも言ってるでしょ!!」と

子供を叱っていた。

 

なんだかなぁ。

 

あの子供がかわいそう。

 

子供はたくさんの大人に支えられて成長する。

 

みんなが桜を愛でるように

みんなが子供をめでればいいのになぁ

と思うけど

日本社会は逆方向に進んでいる。

 

子供はたくさんの大人に目をかけて欲しがっているのに

目をかけてくれる大人がだんだん少なくなっている。

 

隣近所の大人、祖父母、おじにおば…

 

どんどん関係が遠くなっていく。

 

それにひきづられるように

公園で子供を見る大人同士もまた

よりよそよそしくなっているのではないか。

 

自分の子供をしっかり見守るのも

変なおじさんが近づかないようにするのも大切だけど

「世の中お互い様」で生きる大切を感じてもらうのも

大切だと思うけどな。

 

子供には不幸な環境だ。

 

親がたくさん一緒にいてあげる以外に

今のところ方法はない。

 

きのうは5本の取材カメラをこなして

フラフラになって家に帰った。

 

しかしそれは双子には関係のないこと。

 

どうしたらいんだろう?

 

ああなぜ桜を書いているうちに

こんな話になるんだろう笑

 

 

とにかく明日

サンデーモーニング

大谷や阪神の佐藤のHR映像とかを見てから

考えるとしよう。