meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった40歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅\(^^)/年度末の山をこえる

終わらせた…

 

ついに、山を超えた…

 

残り5日を残し

超多忙な年度末が終わった。

 

編集

今年の年度末は多忙だった。

 

時代は静止画から動画になったけど

動画はそんな簡単なものでもない。

 

今月提出しなくてはいけないのは

13本。

 

質を保ちながらの量産はきつかった。

 

でも

なんとか乗り越えた。

 

きょうデータ送信した。

 

細かい直しはあるだろうけど

とにかく

解放された。

 

いつも夏休みの宿題を始業日にやっていた僕だが

なんとか年度末前に終わらせた。

 

しかもまだ5日もある。

 

力が抜けた

4時前にデータを送り終えると

一気に脱力した。

 

口を閉じることすら億劫に感じた。

 

気分転換したくて中古本屋に行ったけど

3分もせずに出てきた。

 

読む気力さえない。

 

内臓が悲鳴を挙げているのに意識が向くようになったのか

胃もたれしていることがわかった。

 

それでもどこかビールを飲まないわけに行かない気がした。

 

コンビニに寄ってエビスビールを買った。

 

休む

風呂に入ってビールをあおった。

 

うまかった。

 

妻に頼んでお粥にしてもらった。

 

食欲はなかったけど

食べ始めると止まらなくなった。

 

いつも一切れしか食べないタラのムニエルを3切れ食べた。

 

そのせいか

ビールは350mlの半分程度飲むと十分だった。

 

少し酔うと胃もたれも治った。

 

梅干しを冷蔵庫から出して

お粥と一緒に食べた。

 

うまい。

 

双子も梅干しを食べた。

 

一人が真顔で

「酸っぱくない」と強がるのを見て、笑った。

 

酔いが覚めると胃もたれ

ひどくなっているのがわかった。

 

横になりながら

双子と時間を過ごした。

 

 

 

新年度は

今年度も四苦八苦しながらも

充実した時間を過ごした。

 

その中で

「この仕事は自分がやりたいことか?」

「自分は何をしたいのか?」

を自問自答してきた。

 

自分ができること、

やりたいことにマジメに向き合ってきた。

 

僕はやはり

カメラマンというより

ディレクターなのだとわかってきた。

 

しかし

ディレクターというには

自己の世界観が強すぎる。

 

どちらかというと

監督に近い。

 

ただ

そういう既定のカテゴリーに

当てはめて考える時代ではなくなっている、と思う。

 

こうして試行錯誤しながら

少しずつ自分のスタイルが固まりつつある。

 

一方で

顧客には

規定の概念に沿って提案、説明することで

ビジネスが成立する。

 

まずはこのビジネスをもっと大きくしたい。

 

それが僕にとっても

双子にとっても大切なことだ。

 

ふむ。

まずはゆっくり休もう。

 

山形市は市中感染の可能性がある。

 

気が緩んで抵抗力が落ち

コロナに感染しないようにしたい。