meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅権力ボケか老害か。一県民としてただただ悲しい

山形県知事選挙で驚きだったのが

8市長が現職知事を応援しなかったこと。

 

新人の応援に回ったのだ。

現職に反旗を翻したのだ。

 

なかでも

山形市酒田市米沢市酒田市

県内主要4市が知事を見限ったのだ。

 

f:id:kokotoriri:20210127214839j:plain

f:id:kokotoriri:20210127214828j:plain

YBC

 

これに対し現職は

万歳後に初めて言及した。

 

f:id:kokotoriri:20210127214901j:plain

f:id:kokotoriri:20210127214850j:plain

f:id:kokotoriri:20210127214816j:plain

YBC

これは中継だったこともあり丁寧な表現だったが

遅い時間での別の局の回答は

より雑になった。

 

f:id:kokotoriri:20210127214805j:plain

YTS

「けんかしてる暇ない」…

 

仮にも投票で選ばれた市長に対し

そんな表現使わないでほしかった…。

 

市長がなぜリスクを冒して

反旗を翻す必要があったのか?

 

そこをおもんぱかってほしかった…

 

きょうの記者会見でもその話に及んだようだ。

 

www3.nhk.or.jp

 

f:id:kokotoriri:20210127215359p:plain
www3.nhk.or.jp

 

「心外」かぁ。

 

「会ってくれない」という市長の悲痛な叫びに対し

「日頃話してもらえれば良かったのに」

という返事。

 

日頃聞いてもらえないであえでいるから

大きな市の市長が集まって

記者会見で現職批判をしなくてはいけなくなるのに。

 

なぜそこに気付いてくれないのだろう?

 

僕が取材したことのある吉村知事は

聡明で謙虚だった。

 

でももうすっかり偉くなっちゃった。

 

市民目線を失ってしまった。

 

そのことを山形県民は気付いていない。

 

悲しい。

 

でも一番悲しいのは

きょうも僕の編集が終わらなかったこと。