meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅2020年を振り返る〜株と自分の生活〜

今年は自分にとっても激変の年であった。

 

去年、細々と

撒いてきた種が効いてきた。

 

ある種は枯れ果て

ある種を芽を出し

ある種は大輪を咲かせた。

 

新聞から

コロナで株価が乱高下した。

 

f:id:kokotoriri:20201231212031j:plain

f:id:kokotoriri:20201231212020j:plain

20201231山形新聞

最近、株の高値具合がすごい。

 

そろそろ下がるかと思ったけど

なかなか堅調だ。

 

なんで値下がりしないんだろう??

 

久しぶりにきちんと経済記事を読み込んでみたら

てんで理由は簡単だった。

f:id:kokotoriri:20201231212137j:plain

コロナ対策でジャブジャブになった公金が

結局、株に流れ込んでいるということらしい。

 

f:id:kokotoriri:20201231211915j:plain

 

 

 

f:id:kokotoriri:20201231211903j:plain

f:id:kokotoriri:20201231211934j:plain

f:id:kokotoriri:20201231211849j:plain

 

コロナでジャブジャブ。

 

しかも、

日銀が株式市場の大株主。

 

現在の日本の株価は高すぎる、ということだろう。

 

不健康な値上がりだ。

 

f:id:kokotoriri:20201231212134j:plain

20201231山形新聞

 

f:id:kokotoriri:20201231212056j:plain

f:id:kokotoriri:20201231212044j:plain

 

菅首相が思った以上に

ポンコツなので

ちょっと怖い。

 

安倍総理の時は

「根っからのおぼっちゃまなのでとにかく景気はよくしま〜す」

という安心感があった。

 

しかし

菅首相の貧相な面構えを見ていると

その期待感は薄れる。

 

経済には疎い人間の面構えだ。

 

彼に好景気はついてこない。

 

日本経済自体が

世界に翻弄される仕組みに組み込まれてしまっているし

日本株はこれから下落するだろう。

 

健玉を始めるなら今だなぁ。

 

自分

自分は中国のニュースを見ていたので

いち早く

株を一度、全部売却した。

 

おかげで底値に近い状態で買い戻せた。

 

株は難しいと言うけど

小さい情報に惑わされず

常に大局を意識していれば

大丈夫な気がするのは

僕だけだろうか?

 

大局とは

アメリカ大統領と

中国共産党の動き。

 

一応日本政府の動き。

 

バイデン次期大統領は

大統領の器じゃない。

 

副大統領の言動がポイントになる。

 

この機に

習近平は一気に攻めに入るだろう。

 

中国も今

国内が荒れている。

 

ここもキーポイントになると思う。

 

不動産

不動産も鷹揚に構えていれば何とかなる。

 

大家仲間が増え

投資物件も1棟増やせた。

 

山形は

まだまだいい不動産が転がっている。

 

今後

今僕は編集に追われている。

 

インタビュー撮影は楽しい。

 

人との出会いも楽しい。

 

ドローンも楽しい。

(少し怖い)

 

この仕事は需要があるし

続けたい。

 

CM制作も楽しい。

 

需要があるし

続けたい。

 

問題は長編の編集だ。

 

コメントを切り抜く編集はいい。

 

楽しい。

 

嫌なのが

コメントフォローのテロップを作ることだ。

 

嫌で嫌で仕方がない。

 

でも編集って結構難しいから

外注も難しい。

 

でも、なんとしても編集してくれる人を見つける。

 

撮影とCMは自分でやる。

編集は外注。

 

あとは株の売買と

不動産投資で生きていきたい。

 

今の仕事は1月末で一段落する。

 

そしたら

撮影の仕事とCMの仕事以外は

ずっと株投資をやろう。

 

2021年。

 

1がつく。

 

始めるにはなんかいい並びだ。

 

僕の株投資プロ化元年だ。