meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった40歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅自宅での編集は双子との格闘でもある

目を覚ますと

枕元に双子が立っていた。

 

「パパ、きょうは家で仕事して。お願い」

 

きのう、おとといと

双子が寝てから家に帰った。

 

もう泣き言言ってられないくらい

編集がたまってきたのだ。

 

編集は好きではないので

没頭しないと進まない。

 

双子の育児のことは忘れて

別の場所で編集していた。

 

おかげでだいぶ進んだけど

双子との時間を犠牲にした。

 

 

朝寝坊

次に目を覚ましたら

家の中は静かだった。

 

双子は幼稚園に行ったらしい。

 

10時だった。

 

きょうは自宅でやらねばらなるまい。

 

簡易編集キット(ノーパソとモニター)を準備し

編集を続ける。

 

週末にお客さんに送っておいた動画の返事が来た。

 

ちょっと直して2本立て続けにアップした。

 

そうこうしているうちに

あっという間に数時間が過ぎ

双子が帰ってきた。

 

台風

子供のエネルギーって本当にすごい。

 

帰ってきた途端に

一気に静寂が破られる。

 

「パパ、きょうは家で仕事して」と

お願いした方が

「私の言うこと聞いてくれたのね‼」

と感激している。

 

感激のテンションのままに

「私もお仕事したい‼」

とパソコンをバンバン叩く。

 

やめてくれ‼

 

結局2人は

「パパ怒るぞ‼」

というまで

パソコンとモニターをいじりまくった。

 

寝るまで

久しぶりに日中も家にいたので

双子はずっとパパと遊びたがった。

 

最近1人が特にイライラしているので

なるべく遊ぶようにした。

 

「手をあげろ‼」

「バカーン」

「バカーンじゃなくてバキューンね。つーか手上げたら打たないで」

 

手をあげるのは

反撃しないことを意味すると一生懸命説明した。

 

わかってくれた。

 

9時過ぎに寝室に行って

ようやく仕事を再開。

 

「今日中に編集の方向性を連絡します」

と言っていたお客に

午後11時過ぎにメールした。

 

全ての仕事が遅れがちだけど

なんとか「許容範囲」で

仕事が進んでいる、と思う。

 

明日

あしたは朝にドローン撮影。

その後打ち合わせ。

3時からお客さんと最終仕上げなので

それまで編集終わらせる。

 

さあ頑張ろう。

 

僕がいないときに撮影会していたらしい。

f:id:kokotoriri:20201130234825j:plain

 

今日初めて

ドライヤーを一人でかけていた。

f:id:kokotoriri:20201130234815j:plain

f:id:kokotoriri:20201130234828j:plain