meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅Adobeを学びながら動画提出

きのう夜2時まで編集したけど

結局終わらなかった。

 

「ナレーションを入れないYouTubeニュース動画」

というのは

なかなか仕上げるのが難しい。

 

話がわかるようにテロップを入れたり

アタック音を入れたりして

なんとか見飽きない様に工夫する。

 

そんなこんなやってるうちに

なかなか編集終わりが見えなくなった。

 

朝「きょう中に提出します」

と電話したけど

結局夕方までかかってしまった。

 

無事YouTubeに限定公開でアップした時には

退勤時間を過ぎていた。

 

こうやって時間に追われて使ったVTRは

まず間違いなく質がイマイチだ。

 

今は成長過程の過渡期なので

こうやって面倒をみていただくしかない。

 

とりあえず

無事提出した。

 

編集

アドビの編集ソフト、プレミアプロを

使い出してもうすぐ半年。

 

使い方も慣れて

一通りやりたいと思えることは

やれるようになった。

 

テレビ局の編集機材を使ってる様なスピード感はないけど

ひとまずこれでいい。

 

このまま熟度を上げていけば

自然とVTRの質が上がる。

 

そういうもんだ。

 

アドビの関係

アドビは本当に難易度が高いな、と思う。

 

同時に、Windowsソフトが

いかに大衆向けに簡素化してくれているのがよくわかる。

 

アドビの難易度が高いのは

やれる選択肢が多いというのが

理由の一つだろう。

 

アドビで

やれないことはないような気さえする。

 

その分、

機能を理解するまで時間がかかる。

(理解し切る日はくるのだろうか?)

 

さらにやっかいなのが

機能の多くが

カタカナのままであること。

 

たとえ

日本語に翻訳されていても

意味がよくわからない。

 

なんとか本で勉強したけど

本で勉強できることなんて

たかが知れている。

 

結局YouTubeやブログに頼ることになる。

 

編集で目が痛くなったところに

YouTubeもブログも見るのはきつい。

 

でも探せば欲しい情報にたどり着ける。

 

おかげで

photoshopを使って

テロップを量産する方法がわかった。

 

メチャクチャ便利。

 

さらに

今日初めて

プレミアで

「シーケンスに貼り付けたPSDのテロップデータ」を

直接訂正できることを発見した。

 

タイムライン上からのテロップから右クリックで

フォトショを開くことができる。

 

直したテロップは

もちろん動画にそのまま反映される。

 

ヤバイ。

 

めちゃくちゃに便利だ。

 

これは楽チンだ。

 

ただ

カメラを新調したこともあり

データが重たくなり過ぎた。

 

パソコンのフリーズが

発生する様になった。

 

動画が重くてフリーズって

何年前の話だ。

 

編集した映像がスムーズに見れない。

仕事が進まない。

 

マックは過渡期

パソコンを買い換えることを検討している。

 

こういう買い物をする場合

一人相談する人がいる。

 

相談というか

気軽にラインする。

 

「マックほしいっす」

 

すると彼は

「今はやめた方いい。

 マックは今インテル使ってるけどもうすぐニュータイプ出るから。

 それまで待ったほうがいいよ」

 

毎回いろいろ教えてくれてありがとう。

 

こうやって各分野に教えてくれる人がいるってのが

人脈だ、財産だなぁと

つくづく感じる。

 

ふむ。

 

逆に僕は何を教えることができるだろう?

 

 

 

起業の仕方?

もっと儲かってからだな…

 

金融商品

もっと儲かってからだな…

 

撮影の仕方?

もっと上手い人いっぱいいるな…

 

編集の仕方?

未編集たまりまくってるな…

 

ヤクザや政治家との話し方?

それならちょっと教えられる。

毅然とした堂々とした態度で爽やかに話す。

恫喝されても態度を変えない。

それだけ。

 

プロキシというカタカナ

編集でパソコンが止まる問題については

プロキシのやり方を真剣に研究することにした。

 

プロキシとは「代理」という意味らしい。

 

ほら。

カタカタで聞いてもわからないし

日本語に訳されても意味がわからない。

 

動画でプロキシといえば

「高画質の動画を一時的に粗く軽くしたもの」

ということになる。

 

重たい動画を重たいままやるのは

パソコンがついてこれない。

 

それで動画を粗く軽い状態にして

編集をする。

 

編集が終わったら

書き出す時に高画質に戻す。

 

という方法だ。

 

4K時代を迎えるにあたって

欠かせない技術だ。

(ちなみに4KとはHD画面の2倍きれいなもの。縦2倍✖️横2倍で4倍)

 

もちろんプレミアプロにプロキシの機能がある。

 

でも

僕のパソコンはへぼいのでうまく対応できない。

 

そんなこと言ってられないな。

 

何とかプロキシできる方法を

見つけなければいけない。

 

結論

マック40万円は今のところ置いておこう。

 

早くやれる編集をやろう。

 

文字起こしの救世主から

たくさんデータが送られてきた。

 

なんてありがたい。

 

明日も撮影がある。

ということは

また新たに編集すべきものが増える。

 

きょうやれるものをやろう。