meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅きょうのやらかし

きのうやらかしたことについては

とりあえず忘れることにした。

 

同じお客さんと金曜に会うので

そのときに謝ることにしよう。

 

オオゴトにしない程度に

しっかり謝ろう。

 

気を取り直して

きょうの撮影に向かう。

 

約束

撮影機材の忘れ物がないか

何度も確認した。

 

カメラよし

バッテリーよし

予備の電池よし。

 

三脚のアタッチメント

予備のカメラ…

 

OK。

 

出発‼︎

 

と思ったけど

車の鍵がないことに気づき

家に戻る。

 

「パパ、また忘れ物??」

 

双子がやけに絡んでくる。

 

「タッチして‼️」

「私も‼️」

 

 

すると

「パパ、風船買ってきて」

「私にも‼️」

 

「絶対忘れないで‼️」

 

わかったわかった。

 

撮影

もう自分のことが信じられないので

2つカメラを用意し

それぞれにマイクをつけた。

 

三脚も新調したので

失敗もなく

無事に終了した。

 

お客さんの事務所で

そのまま編集に取り掛かった。

 

SONYα7は素晴らしい。

 

 

オートフォーカス

ピントがきちんと合っている。

 

広めの画角で撮っておいて

編集でズームしても

画質が落ちない。

 

 

 

動画の質が上がるし

編集のストレスが

大きく削減される。

(光のアンバランスが画面に出るので

 ライティングが新たな課題になった)

 

音声もきちんと録れていた。

 

機材をきちんとすると

撮影も編集もだいぶ楽になる。 

 

帰宅

夜7時に力付き

家に帰ることにした。

 

車に乗り込むときに

「風船買って行かなきゃ」

と思う。

 

最近寒くなったせいなのか

車にたくさん荷物を積んでいるせいなのか

車の調子が良くない。

 

おまけに

ガソリンマークが点滅してから50キロぐらい走ったので

ちょっと気が気じゃない。

(点滅してから70キロぐらい走る)

 

気がつくと

自宅で夕飯をレンジで温めていた。

 

反応風船

風船を買い忘れたことに気がついた。

 

僕は思わず

「あー忘れた‼️」

と叫んだ。

 

きょうもやらかした‼️

 

妻と双子が何事かと僕を見る。

 

「風船買うの忘れた‼️」

 

僕は怒られることを覚悟した。

 

するとどうだ?

 

双子の優しい方が

「没関係‼️」

(大丈夫よ‼️)

と即答した。

 

ええ!?

そんな寛大なわけ??

 

ドライな方も

「没関係‼️」

と追いかける。

 

なんて優しい‼️

 

優しい方が駆け寄ってきた。

 

何か考えている。

 

どうした??

 

「想事情了吧‼️」

(考え事してたんでしょ??)

 

おお‼️

その通りです‼️

 

f:id:kokotoriri:20201118212958j:plain

優しい方

f:id:kokotoriri:20201118213002j:plain

活発な方

やらかすと

人の優しさを知る。

 

優しい方が風呂上り

「パパ、2階で遊ぼ」

というので

「えー2階寒い」

と言ったら

「いつも私のいうこと聞いてくれない‼️」

と大泣きされた。

 

借金を返済している気分だった。

 

 

ちなみにきょう双子が覚えてきた単語は

「すぐに検索」

「サンキューベリマッチョ」

だった。

 

「マッチョじゃねーつうの‼︎」

と突っ込むたび

双子が嬉しそうにケタケタと笑った。