meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅悩みの続き〜動画クリエイターの日常〜

きのう久しぶりに道に迷った。

(比喩的な意味で)

 

その会社との契約を

解約しようと思って寝た。

 

朝起きてすっきりすると

ふと

「非社会的な組織の下っ端の人のために

 俺から解約申し出る必要なんかない」

と思った。

 

「解約はやめよう」

 

僕はきのう

あのブログを書いた後

社長にラインした。

 

「編集する分がたまってきたので

 YouTubeの撮影はいったんお休みさせてください」

 

この組織と精神的な距離が取れると

気持ちはずいぶんとすっきりした。

 

目が痛い

撮影は

集中した状態で画面を凝視する。

 

編集も

集中した状態で画面を凝視する。

 

SNSでお客のPRを代行する。

 

目が痛い。

 

仕事をする以外は

ずっと目を閉じている。

 

朝食後

目を閉じながら考えた。

 

僕が今やらならくていけないのは

山の様にたまった編集を片付けること。

 

なんでこんなに

たまってしまったのだろうか?

 

今週は毎日

撮影が入った。

 

 

打ち合わせにも

けっこう時間が割かれたけど

それでも編集はちょこちょこやっていた。

 

ある程度僕の裁量に

任せてもらっているものは

だいたい編集は済ませてある。

 

客の強い意向に

沿わなくていけないものは

こちらも編集に時間がかかるし

そもそも編集にかかるのに構えてしまう。

 

まとまった時間がとれない状態になり

重たい編集がずっとたまることになった。

 

 

編集

編集をするために

撮影したものを見直す。

 

 

まずは

講演会の撮影。

 

〜です。

〜だ。

という

言い切りの話は

編集しやすい。

 

音を切りやすい。

 

 

しかし

往々にして

「〜だが」

「〜で」

文章を切らずに続ける人が多い。

 

そうすると

一気に編集が面倒臭くなる。

 

以前撮った素材を見直して

とても編集しづらいものであることがわかった。

 

ああ、そっか。

 

撮影しながら

「編集しづらい」

と思ったから

編集のいい方法が思い浮かばず

気づけば放置されていたのだ。

 

そういえば

順番をうまいこと並べ替えて

編集したら

お客さんから

「勝手に変えないでほしい」

という要望がきたのだった。

 

ああやっかいだ。

 

結局きょうも

一区切りつけるまでいかず

違うお客さんの

撮影時間がきてしまった。

 

撮影

ラーメン屋さん。

 

先日

「静止画撮れるか?」

と聞かれたので

「撮れる」

(たぶん)

と答えた。

 

僕は基本

「できるか?」

と聞かれれば

「できる」

としか答えない。

 

f:id:kokotoriri:20201030203907p:plain

寒河江・福家そば屋

 

f:id:kokotoriri:20201030203922p:plain

福家そば屋エビワンタン麺

イマイチ。

冷たいラーメンに見える。

 

お湯が入ったどんぶりで練習したら

ガンガン湯気が撮れたけど

いざラーメンを撮ったら

うまくいかなかった。

 

フォトショップ

湯気とか加工してみよう。

 

つーか、後日

撮り直しさせてもらおう。

 

「静止画じゃなくて動画作りましょうよ」

とも提案したけど

「どっちも」

となり

結局、静止画からは逃げられない模様。

 

撮影が終わって

いただいたコーヒーでくつろいでいたら

お店の娘さんが

「これ撮って」

と 言うので撮ってみた。

f:id:kokotoriri:20201030203334j:plain

鬼滅の刃

よくわかんないけど

人気のキャラクターだそうだ。

 

一眼レフで動画を撮るぶんには気にならなかったけど

静止画にすると

カメラの技術不足、

カメラ自体の機能不足、

ライティングの技術の足りなさが

痛いほどわかった。

(この写真は、背景が近すぎてボケが足りない)

 

この仕事をしていると

機材の悩みは尽きない。

 

この永遠の課題について

経営者仲間に話すとなく話したら

「三脚いいのないって?

 電気屋じゃなくてカメラ屋行ったら?」

と言われた。

 

なるほど。

 

ちなみに

テレビ局が使っている三脚は

とてもいい。

 

でも

あれだけで100万するという

ムチャクチャな価格。

 

NHKやキー局相手の商売だ。

 

僕が気軽に買うことはできない。

 

かといって

電気屋で売っている数千円の三脚では

もの足りなすぎる。

 

数千円でもなく

100万円でもなく

3万ぐらいで

いいの売っていないかな?

思っていた。

 

なるほどカメラ屋に行くと

いろいろなものが置いてあり

まさに3万円の商品が売ってあった。

 

いい感じだ。

 

でも

店員さんに聞いても

詳しくなかったので

カタログを持って帰って

読み込んだ。

 

これにしよう。

 

 

撮影用のミニライトも買ったし

これで機材は一通り揃ったかな。 

 

明日テレビの仕事が入って

BBQを撮るように言われたので

このライトを早速使ってみよう。