meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅コロナ疲れと菅新総理とお祭り騒ぎで末端も大忙しに

巨人に堀内監督が就任した時

僕は確信した。

 

「絶対に弱くなる」。

 

理由は簡単。

 

いつも難しい顔をしている人に

人はついていかない。

 

そういう意味で

「死んだ魚の目」をしている人に

総理は務まらない。

 

「麻生の追い込まれ解散」に責任のある菅新総理は

ほぼ間違いなく解散するだろう。

 

コロナ疲れに新総理。

 

解散総選挙となれば

お祭り騒ぎになる。

 

9月10月は

そもそもみんなが動きたがる時期で

てんやわんやになりそうだ。

 

受注

きのうの打ち合わせでは

テレビの特集制作の依頼が来た。

 

価格交渉が面倒なので

相手の言い値で請け負った。

 

会社をやめる時

他の制作会社の人に

「価格破壊はしないでくれ」

と言われていたが

もう時効だ。

 

テレビがお高く止まっている時代は

もう終わった。

 

からしたら

みんな高すぎる。

 

企画書

一方で、

テレビじゃない仕事の依頼もきた。

 

YouTubeだけでなく

SNS回りを全部僕に投げてしまいたい」という。

 

ありがたい話だ。

 

僕が目指していた仕事でもあったので

喜んで引き受ける。

 

ただ相手は相当叩きたい模様。

 

「条件が合うかわからない」を繰り返す。

 

かと言って

予算組みの決定権もないらしい。

 

こちらの条件も示したいところだが

新しい仕事で価格表もない。

 

SNSの強みと役割分担を意識しながら

利用者に訴求していくか。

 

いかにYouTubeにつなげていくか。

 

きょうは「YouTube企画書兼見積書」の作成で

1日が終わった。

 

 

f:id:kokotoriri:20200914220253p:plain

参照:【2020年8月更新】人気ソーシャルメディアの国内&世界のユーザー数まとめ|SNS運用のヒントが見つかるメディア We Love Social

 

アパート

企画書を作成している途中、

不動産屋から電話があった。

 

「アパートの見学希望が入った。明日午前に入れるか?」

 

実はまだ作業した後の片付けが半端なままだった。

 

アパートに行く気力はもうなく

明朝やることにした。

 

あした夜まで取材がある。

 

長い1日になりそうだ。

 

お祭り

官房長官が新総理になる。

 

あんな暗い顔した人が

リーダーになり続ける、

ということはあり得ない。

 

いずれみんなついていけなくなり

新たな力学が生まれる。

 

今の支持率を見ても

今後のスケジュールを見ても

野党の状態を見ても

解散しない理由が見当たらない。

 

そうなればお祭り騒ぎが始まる。

 

今回はそのお祭り騒ぎに

末端の僕も

なんとか混ざろうと思う。

 

さあ、ひたすら取材、編集だ。

 

帰宅後

双子がケツを突き出して挑発してきたので

順番にケツをクッションで叩いた。

 

4歳児は大喜び。

 

39歳もつられて大笑い。

 

妻はずっと、ケツネタに不快感を示していたが

さすがにもう呆れて何も言わなくなった。

 

夜寝る前も大運動会。

 

双子と遊ぶことでのリセット感はすごい。

 

「双子なんて大変なだけだ」と思っていたけど

ここ数ヶ月

双子でよかったなぁと思えるようになってきた。

 

もうちょっと仕事の割合を増やさせてもらおう。