meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅言葉を覚える瞬間を目撃した

9日水曜、幼稚園の授業参観があった。

 

直前に

「パパにも来てもらいたい」

と言われたらしく

何はともあれ駆けつけた。

 

単に親子遊びをするためだった。

でも、行けてよかった。

f:id:kokotoriri:20200912231707j:plain

 

参観

先月、

面談があって以来の幼稚園だ。

 

あのとき先生は

「だいぶ日本語がわかってきた」

と言っていた。

 

へぇ。

 

知らなかった。

 

その様子を確かめられる参観日がきた。

参観日は新鮮だった。

 

先生が前に立ち

話をしている。

 

子供たちは

おとなしく座って聞いている。

 

まるで学校の授業みたいだ。

 

Kは先生の話しが聞き取れているのが

見て取れた。

 

一方Lは欠伸をしたりして

「いかにもつまらないそう」

という感じ。

聞き取れていないのでは?

 

ブドウ

先生が

イラストを前に

「何のジュースがいいかなぁ?」

と質問した。

 

Kが即座に

「ブドウ!!」

と答えた。

 

誰よりも早く。

 

しかしその「ブドウ」は

中国語なまりがあり

「ブッド」に聞こえた。

 

すると

他の子供たちも

「ブッド!!」

と中国語なまりで後に続いた。

 

Lが先生の答えに反応することは

一度もなかった。

 

「隠したよ」

面談のとき

うちの双子と他の子供達がどう遊んでいるかを聞いてみた。

 

「ママごと好きみたいです」

「言葉は?」

「そこはジェスチャーとか以心伝心で…」

 

なるほど。

 

きょう双子が

クッションの奪い合いでケンカした。

 

Kが風呂から上がると

 

「クッションはどこ??」

と聞いてきた。

 

もうLはまだ風呂に入っている。

 

僕は

「さあ、Lが隠したんじゃない?」

 

俊敏なKが一瞬止まる。

 

僕を見つめている。

 

そして

「隠したの??」

と大声で言った。

 

「隠した」という言葉の意味を確かめるように

いつもの隠し場所を探し始めた。

 

僕が

「そこにはないんじゃないか?」

というと

Kは確信したようだった。

 

隠す=藏起来了

 

結論

4歳児は

状況や表情、声のトーンなどを総合的に判断して

単語の意味を理解し、記憶するようだ。

 

だから、僕もなるべく

表情豊かに感情込めて話ができればいい。

 

とにかく

日本語をひたすら話まくろう、

と思った日だった。