meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅「国内旅行業務取扱管理者」試験②結果は??地獄の自己採点

9月6日、いよいよ

運命の「国内旅行業務取扱管理者」試験を迎えた。

 

2回に分けて記録した。

 

2回目は、

リナワールドのジェットコースター並みに

気持ちが乱高下した自己採点。

 

f:id:kokotoriri:20200907140006j:plain

自己採点結果

前段記事

 

www.kokotoriri.com

 

 

試験

令和2年度の「国内旅行業務取扱管理者」は

僕には難しかった。

 

旅行業法は

平成30年1月に改定されている。

 

でも

独学の僕は

その変化についていけてない。

 

「地域限定旅行業」というのが

平成24年にできた。

 

旅行業への参入のハードルを下げた。

 

平成24年。

何せ僕のテキストも平成24年出版。

 

もちろん、

平成30年の改定には触れていない。

 

あまりに古すぎた。

 

「国内旅行業務取扱管理者」は

①旅行業法

②約款

③国内旅行実務

に分かれていて

それぞれ60点を採らねばならぬ。

 

①旅行業法

②約款

は余裕だろう思っていた。

 

しかし

「地域限定旅行業」の部分が

わからない。

 

自分なりに改定ポイントを勉強したが

試験対策としては

甘かったらしい。

 

難関の

③国内旅行実務

とても難しかった。

 

試験は4択問題だ。

 

4択あるうち

消去法で

せめて2択まで絞りたい。

 

でも

一つも絞れない、という問題も少なくなかった。

 

テーマ問題として

全国の橋を問うものが出された。

 

橋は本当に基本的なものしか

抑えていなかった。

 

もはやお手上げだった。

 

得意な東北の問題も

聞いたことのない固有名詞に翻弄され

(平泉関連)

落としてしまった。

 

ヤバイ。

 

自己採点

まずは

①旅行業法から。

 

25問あるうちの6割なので

15問正解すればOKだ。

 

逆を言えば

10問はずしていい。

 

最初は○続きだったけど

「地域限定旅行業」ではずし続けた。

 

ヤバイ。

 

過去問で70点は超えていたので

もう大丈夫だと思っていた。

 

だから、この数日間、

勉強していなかった。

 

エネルギーを苦手分野に全て回していたのだ。

 

 

動悸

バツが続いて

ちょっと緊張してきた。

 

本当に合格なのだろうか?

 

そう思った瞬間、

ドキドキしだした。

 

安全パイのはずの

①旅行業法。

 

×ではなく、

○の数を数えていく。

 

1、2、3、4…

 

ヤバイ。

 

思った以上に○が少ない…

 

 

 

○の数は…

 

16個…

 

1問4点だから…

 

16×4=??

 

 

 

64!!

 

64点!!

 

f:id:kokotoriri:20200907135911j:plain

 

60点台は不本意だけど

とりあえず合格圏。

 

つーか、

ギリギリじゃん。

 

まずは

ほっと胸を撫で下ろした。

 

脂汗

①旅行業方

はなんとかクリア。

 

②約款

は社会人経験者には有利な分野だ。

 

今年も

貸切バスの問題がバッチリ出た。

 

難なく答える。

 

自己採点の後、

×の数を数える。

 

76点。

 

まあこんなものか。

f:id:kokotoriri:20200907135906j:plain

 

①旅行業法

②約款

は無事クリア。

 最難関

さあ、最難関の

③国内旅行実務

の自己採点にうつる。

 

自分の感覚は「ボーダーライン」。

 

まずはJR料金問題をチェックしていく。

 

JR料金はここ3日間

力を入れて学習した分野だ。

 

試験直前にも復習した。

 

確信を持って答えた問題も多かった。

 

正解の確信があったものが×に…

 

むむむ…

 

それでもなんとか36点を採った。

 

  

最後の観光地問題。

 

ここが鍵を握っている。

 

勉強時間を費やしたけど

わからない問題だらけだった。

 

14点採ればいい。

 

いける。

 

 

 

チェックしていく。

 

×

 

×

 

 

×

 

 

 

ヤバイ

 

バツが続く。

 

これはヤバイぞ…

 

×だらけ…

 

思った以上に

×だらけ。

 

ヤバイ…

 

また×か…

 

もうダメだ…

 

半分まで差し掛かって

僕はもう諦めた。

 

これはもう

後半にたて続けに正解しない限り

確実に落第だ。

 

ダメだったか…

 

これが国家試験の壁か…

 

合格するものだと思っていただけに

落胆の気持ちは大きかった。

 

あれをしたい、

これをしたい、

と思っていたけど…

 

あ〜あ…

 

旅行業を名乗るまで

また1年待つことになるのか…

 

やれやれ…

 

来年は

「60点でいんだ」

なんて言わず

満点を目指そう…

 

僕は惰性で

淡々とチェックを続けた。

 

うん?

 

お??

 

○。

 

○。

 

○。

 

あれ??

 

あれあれ??

 

○がいきなり増えたぞ!!

 

全部終わって

○の数を数えていく。

 

1、2、3…

 

16個。

1個2点だから…

32点

 

全部足すと…

 

64点!!

 

合格だ!!

 

やった!!

 

なんだ、

合格じゃないか!!

 

よし、念のため

もう一度確認しよう!!

 

チェックをやり直す。

 

 

 

あれ??

 

ここ間違ってるのに

○になってるぞ…

 

やべ。

減点だ…

 

計算すると…

 

計62点…

 

採点ミス、

めっちゃ怖い。

 

「合格だーー!!」

なんて思ってたら

「通知で不合格を知る」

なんて

マジ勘弁。

 

待て待て。

 

いきなり不安になってきた。

 

もう1回確認しよう。

 

 

 

あ、ここも間違ってるのに

○になってる…

 

えっ??

 

待て待て待て!!

 

やばくないか?

 

 

改めて最初から

○の数を数え直してみる。

 

1、2、3…

 

12個…(24点)

 

12個ということは?

 

このパートは

1個2点だから

 

12個ということとは

12÷6=2??

 

2点??

 

 

 

脂汗が出る。

 

ってことはやっぱり落第??

 

いや。

 

待て待て。

 

違う。

 

割ってどうする。

 

掛け算だ。

 

12×2

だ。

 

12×2だ。

 

12×2=24だ。

 

 

 

改めて計算してみる。

 

36+24=??

 

 

 

あれ??

 

もしかして??

 

 

 

60!!

 

ぴったり60か!!

 

f:id:kokotoriri:20200907135902j:plain

 

本当か??

 

本当にほんとうか??

 

2回も採点ミスすると

もう自信がない。

 

もう一度全部確認してみる。

 

やっぱり60点。

 

自分で答え合わせするのでなく

ユーキャンが用意している

採点をやってみる。

 

 

 

 

 

結果は??

 

f:id:kokotoriri:20200907124428j:plain

ユーキャンで自己採点

おお!!

 

自己採点と同じ点数だ!!

 

60点!!

 

あ〜でもギリギリすぎて

自信を持ちきれない!!

 

正式な発表は

来月28日だ。

 

長い!!

 

合格のはずだ!!

 

とりあえず!!

今後の計画を練ろう!!

 

うおーー!!