meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅自分の苦手分野についての考察❶〜役割を演じる〜

僕は「役割を演じる」ことが苦手である。

 

「役割をこなす」のはとても得意だ。

 

「役割をこなす」のであれば

何なら他の人の分までやってあげることができる。

 

でも「演じる」のは苦手である。

 

f:id:kokotoriri:20200818223848j:plain

 

ブログやSNS

ブログやSNS

ある分野に特化した方がいいという。

 

僕自身、

ブログやTwitter、インスタをやっているが

「特化する」

というのがずっとできずにいる。

 

「特化する人」は

プライベート度によって

複数のアカウントを使い分けるらしいけど

僕にはそれができずにいた。

 

複数のアカウント

ただ、YouTube業を始めるにあたって

お客さんにこのブログを読ませたくない、と思った。

 

このブログは「垂れ流し系」だ。

 

起業について発信したいこともあれば

ニュースについて発信したいこともある。

 

双子のことも

仕事のことも。

 

仕事だって

テレビ業だったり

通訳業だったり…

 

自分を曝け出しすぎている。

 

こんなブログ、

知り合いには教えられない。

 

YouTube業を始めるにあたって

このブログを表に出ないようにした。

 

アカウントを複数作って

運用することになった。

 

理解

アカウントを分けてわかったことは

世の人々は

「役割を演じることを期待している」

ということだ。

 

みんな互いのプライベートのことなんて

基本、興味ない。

 

みんな

互いの情報を知りたがりつつも

距離を置きたがっている。

 

プライベートな距離を

置きたがっている。

 

動画やYouTubeに関する情報は欲しくても

僕という人間の情報は必要ない。

 

僕のプライベートのことを知りたい人とは

電話やラインでいい。

 

Twitterやインスタでは

プライベートな情報は必要ないのだ。

(プライベートならプライベートでも何かに特化する必要がある)

 

そして何より

情報過多の時代、

特定の人間から得る情報は

特定の分野でないと

情報を追いきれないのだ。

 

Aという人間からは「いろは」に関する情報、

Bからは「にほへと」

というように。

 

結論

では、「僕という人間」からは

どんな情報を得られるのか?

 

違う。

その発想じゃない。

 

「僕という人間」そのものではない。

 

「僕が持つ『いろは』」という情報なのだ。

 

僕がもつ『いろは』を発信する。

 

それが役割を演じる、ということにつながる。

 

リアルな社会で出会う人とも

「僕という人間」として接するのではない。

 

僕の「いろは」を売って金にするのだ。

 

僕のいろは…とは?

 

とりあえず

「旅好きな動画屋」

にしておこう。

 

だから

「旅好きな動画屋」という役割を演じ通すのだ。

 

僕はずっと

自分をさらけだすのが「誠実さ」だと勘違いしていた。

 

でも、

逆だった。

 

さらけ出せば出すほど

周りは戸惑うだけだった。

 

みんなが無意識のうちに期待しているのは

「役割を演じる」ことだった。

 

そして僕もまた

どの役割を演じたらいいかわからずに

戸惑っていた。

 

ここは

その戸惑いを書き散らし

自分を保つためのブログだ。

 

テレビ業から古物件を買い

DIYで賃貸。

通訳をしたかと思えば

テレビ番組を作り

旅行業の資格試験の勉強をしている。

 

全ては

「子育てと旅をしながら選択の自由を得る」

に収斂される。

 

しかし

僕が演じる「役割」が何なのか

周りは理解できず戸惑い

戸惑う周囲に僕が戸惑っていた。

 

僕が何者なのか?

みんなの理解の範囲で示す必要がある。

 

だから

シンプルにいきたい。

 

「旅好きな動画屋」。

 

ちょっとわかりづらいかな?

 

でも先駆者というのは

そういうものだろう。

 

今はまず

そんなところでいいだろう。