meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅go to キャンペーンはマジ勘弁〜JTBはボーナスなしだと聞いてはいるが〜


旅行業最大手のJTB

冬のボーナスはなしになったという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d262ca2bea9efdd94949032518f247ea3e16b0a1

 

そりゃそうだろう。

 

旅行は

「家から出るな」の対局だ。

 

そのことと

「go to キャンペーン」の強行突破は

関係しているのだろうか?

(旅行・旅館業界から政権への圧力はどのくらいあるのか?)

 

地方からは疑問の声が相次いでいる。

 

我が山形県知事も強い疑問を呈してくれた。

f:id:kokotoriri:20200714222521p:plain

https://www.youtube.com/watch?v=jCuwPTsFhQY

 

以前も

以前、この知事は「ふるさと納税」で

国が「お返しは3割」と言い出し時に、

国に反対意見を述べた。

 

「お返しの比率は国が決めるべきではない」

「山形はおもてなし県。7割でもいい」

という趣旨だったと記憶している。

 

僕も記者会見場にいたのでよく覚えている。

 

北海道の局からもほしいと言われ

伝送した。

 

しかし、その後

裏で総務省に叱られたらしく、

ふるさと納税に対する発言は慎重になってしまった。

 

総務省地方交付税の分配権利も握っているから

より怖いが

今回は国交省

 

山形では高速道路の事業化で

お願いしっぱなしだ。 

 

どうか知事がまた、

発言を弱めることなきよう願う。

 

今はまだ、

動き回る時期ではない。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村