meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅僕を応援してくれる人

このブログは、

あまりに雑多すぎる。

 

その上、

テーマがころころ変わる。

 

「収益化できないブログ」の

典型例だ。

 

こんなブログでも

毎回読んでくださっている方がいる。

(今こうして読んでくださっている方、ありがとうございます☺️)

 

しかも

アドバイスまでくれるという

(僕のためではなく、双子のため)

ありがたいことが起こったので

ご報告したい。

 

 

 

f:id:kokotoriri:20200622212631p:plain

https://however-down.hatenablog.com/entry/2020/06/20/081325

 

独立して思うことの一つに

「起業者の精神は、サラリーマンには絶対にわからない」

ということがある。

 

これは

視点を変えれば

「経営者にしかわからないことがたくさんある」

ということにもなる。

(「経営者は孤独だ」というけど僕はそれは感じない)

 

だから僕は

経営者と直接やり取りをする貴重さを

しみじみと感じている。

 

基本的に

経営者は「起業者精神」人間には

とても親切だと思う。

 

自分がものすごく苦労してきただろうし

その苦労を乗り越えてきたせいか

人としての器が大きい。

 

そして、自分が歩んできた道を追いかける人間には

(様子を見ながら)けっこう教えてくれる。

 

 

f:id:kokotoriri:20200622213403p:plain

 

この方も

経営者としていろんな苦労を乗り越えてきたのだろう。

 

経験者しか語れない

重みのある貴重なアドバイスをくれた。

 

全く知らない相手から

いきなりアドバイスをもらうのである。

 

そのありがたさといったら…

 

 

いろんなアドバイスの中に

僕の契約相手は

「人間クラッシャー」かもと

いう推測があった。

 

成約しなくてもいいのではないか?

という。

 

一方で

僕が「商売に対して甘い」

という指摘もあった。

 

 

「人間クラッシャーと成約させるか?」

「商売に甘いだけに今回は見送るか?」

 

もちろん

どうするか決めるのは僕だ。

 

 

僕としての結論は

「成約させたい」。

(「クラウドサイン」というシステムで契約は済ませた)

 

というのも

「人間クラッシャー」社長から

学ぶことはたくさんあるからだ。

(独りよがりという自覚はない。心の余裕の有無かと思う)

 

きょうは

「人間クラッシャー」社長のご要望通り

YouTubeチャンネル」を立ち上げ

「タスク管理表」を作った。

タスク表なるものは

生まれて初めて作った。

 

他の人と仕事を共有するには

絶対に必要なやつだと

今頃わかった。

 

たぶん

東京では「仕事のスタンダード」

なんだろう。

 

こうして

「人間クラッシャー」

と仕事を進めながら

「人間クラッシャー」が指示を仰いでいる

「東京のコンサル」の「当たり前」を

学び、取り入れていくことにした。

 

 

 

ちなみに最近双子を出していません。

 

理由は

パパに対して

「あっかんべー」と

「放屁(おならぷー)」

ばっかり叫んでいて

写真を撮ろうとすると

さらに張り切って叫ぶためです。

 

「あっかんべー」の写真しか撮れないので

最近撮っていません。

 

あしはあっかんべーでいいから撮ろう。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村