meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

✅なぜサラリーマンを続けるのか?という疑問が生まれ始めた

最近、本当に疑問に思うことがある。

 

有能な若い人が

安い給料で働かされている。

 

会社に不満を抱いているのに

辞めずに働いている。

 

じゃあ辞めれば?

と思うけど

彼らは辞めない。

 

なぜか?

 

単に

立ち上がりで無収入になるからだ。

 

さらに

技術を持っている人ほど

営業ができなかったりする。

 

僕は何人もそうした人を知っている。

 

会社の経営陣よりも

ずっと優秀だから

優秀さを活かせずにいる若者たちを。

 

僕は思った。

これはビジネスになるのではないか?

 

起業ヘルプビジネス。

狙うは、くすぶっている優秀な人限定。

 

彼に提案した。

「俺が会社辞めてから半年間は生活を補償する。

 半年までに仕事が軌道に乗るよう俺のグループに仕事を作らせる。

 その代わり、収支がプラスになったら最初の3年は俺に5%マージン。

 4〜10年目は俺に10%マージン。」

 

彼は大笑いして

「すごいビジネスですね」と言った。

 

その笑いは現実味がないことを表しているわけだが

僕はできないこともないなぁと思う。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村