meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

【悲報😭】不動産投資”失敗”か〜素人が手を出して痛い目に合いそう〜

「水漏れが起きている」

不動産屋から嫌な電話が来て数日。

 

きょう、投資した賃貸物件に行ってきた。

 

 

探す

水道屋さんと借り主さん2人と僕の4人。

 

借り主は宗教団体。

 

あいさつだけ済ませて

そそくさと用事を済ませることにする。

 

水道屋さんは、

家の中をささっと調べると

「中ではないな」

と呟き、外にでた。

 

僕はほっと胸を撫で下ろす。

 

彼は外に出ると

ボイラーを確かめに行った。

 

そしてほどなくして言った。

 

水漏れ

「うわっ!!すげー水漏れしてる!!」

f:id:kokotoriri:20200526212941j:plain

ここだったか。

 

彼は点検に入った。

 

その間に

借り主が僕を連れ回す。

 

まずは屋根を見てくれという。

 

去年夏、台風の時に

屋根が一部吹き飛んだという。

 

むむむ。

 

それは危ない。

 

とりあえず記録を撮り

DIY修理できるか

知り合いに相談してみることにした。

f:id:kokotoriri:20200526214207j:plain

f:id:kokotoriri:20200526213831j:plain

f:id:kokotoriri:20200526213431j:plain

水が染みている…

これはやばい…

 

こんなやばかったっけ??

 

水道屋さんのところに戻ると

結局、ボイラーを交換するしかないという。

 

「見積もりを出す」

という。

 

僕は聞いた。

「だいたいいくら?」

 

水道屋さんは間を置いて言った。

「20万」

 

 

 

仕方ない…

 

僕は

「見積もりはいらないので日程調整をしてくれ」

と頼んだ。

 

そばで

屋根の話を聞いていた水道屋さんは

「屋根も早くやった方がいい」

という。

 

諭吉氏が羽をつけた

「いくらくらいだと思う?」

「けっこうかかるんじゃない?」

「100万こす?」

「それはいくね」

 

 

 

マジか…

 

この物件は、

オーナーチェンジでおいしいはずなのに

売れ残り物件だった。

 

僕はてっきり

「宗教団体が借りているから」

だったと思っていた。

 

ほかにも

「屋根の葺き替えが必要だから」

だったのだ。

 

素人が手を出して

痛い目に合う典型と言っていいだろう。

 

350万円の物件。

フルローンだったので、

経費は400万円弱。

 

6万5千円で賃貸だから

5年ちょっとで回収するはずだった。

 

これで一気に

回収まで8年ぐらいかかることになる。

 

勧誘

僕は借り主にどんな宗教なのかを尋ねた。

 

興味本位で。

 

すると

「ご先祖様供養」

だという。

 

僕はちょうど

おとといご先祖様の写真を拝んできたばかりだった。

 

これは80年ほど前の写真。

f:id:kokotoriri:20200526214940j:plain

祖母、祖母の父母、祖母の祖父、左沢駅長

 

この青年は20代前半だろうから

70年ほど前の写真だろう。

僕の兄と似ている。

兄の娘と似ている。

f:id:kokotoriri:20200526215846j:plain

祖父

 

 

その話をすると

借り主は俄然乗ってきた。

 

勧誘された。

 

お金もかかるらしい。

 

「今独立したばかりで金欠で」

と断ると

 

「僕が大家になったのは運命だった」

とか

「お金に苦労しているのはご先祖様がお金に苦労したからだ」

とかいう。

 

そして

入会すれば

「お金に困らなくなる」

と断言された。

 

10分ほど押し問答したあと

僕は

「ボイラー交換工事の日程が決まったら連絡する」

とかわすと

それ以上は追求してこなかった。

 

車を運転しながら

ふと思った。

 

「屋根の修繕代、実際出せる余裕あるか?」

 

とりあえず200万円と想定しよう。

正直、出せなくはないけど出したらきつい。

 

とにかく

何かお金を生む

イデアが浮かんでくるのを待とう。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村