meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

【葛藤】兄弟の微妙な仲と双子の成長

きょうはよく働いた。

 

事業の方向性が決まったから

あとは作業をするだけ。

 

迷いが消えたので

作業に集中できる。

 

作業

70万円支払った、SEO対策の仕事に時間を割いた。

 

先方さんは

SEO対策に、10ページ分の記事を書いてくれるという。

 

僕がきょうした作業は

その前段で、僕の思いやサービスを記入して送る、というものだ。

 

迷い尽くしたので

書くときに迷いがないし

好きなことを仕事にしようとしているので

書いていて楽しい。

 

1日かかかると思っていたが

3時間で終了した。

 

 

午後、気分転換に外出した。

 

気付くと本屋にいた。

 

YouTubeの本は既に買って読んだが、

この本が唯一、

YouTube広告」について記載していた。

 

ネットに全て載っている情報だが

投資と思って買った。

f:id:kokotoriri:20200517202710j:plain

 

SNSを広告化する。

 

誰でも調べられるけど

誰でもできるけど

周りでは誰もやっていない。

 

「他の人の代わりにネットの最先端を勉強する」

のが

僕の仕事の一つになる。

 

ネットもいいけど

やっぱり本の方が情報が良質だ。

 

僕は仕事の方向性が決まったのと

仕事が思ったより早く片付いたことがうれしくて

兄の家に遊びに行った。

 

ちょうど、兄嫁は不在だった。

 

チャイムを鳴らすと僕は

「お茶したい」

と告げた。

 

兄は戸惑っていた。

 

そんなに親しくないのだ。

 

でも兄は兄。

 

僕は今の状況を報告した。

 

兄は

「コーヒーでいいか?」

と聞くので

僕は

「ビールがいい」

と答えた。

 

兄は戸惑いながらも

ビールを出してくれた。

f:id:kokotoriri:20200517202705j:plain

 

僕は仕事の話をした。

 

ようやく

報告できるような状態になってきたのだ。

 

でも

というか

やっぱりというか

兄の反応は薄かった。

 

 

僕は兄への不満をぶつけた。

 

すると兄も僕に不満をぶつけた。

 

以前の僕の行動で

兄が怒ったらしかった。

 

そのことを告げると

兄はすっきりしたようだった。

 

 

 

僕には兄に対して

昔年の恨みがあった。

  

でも僕は、

まだ言い足りなかった。

 

責めた。

 

兄はひたすら僕に詫びた。

「小さい頃のことでお前が俺を怒っているのはわかっていた」

 

僕はびっくりした。

「わかっていたの??」

 

それでも無策だったのか…

 

ただ

僕としても

詫びてもらっても

どうすることもできなかった。

 

そこに兄嫁たちが帰ってきたので

この話はやめた。

 

家に帰った。

 

自宅で夕飯を食べた後

僕は、兄との会話を思い出しながら皿を洗っていた。

 

双子

すると、双子の一人が怒鳴った。

 

「パパって何回も呼んでるのに‼️」

 

僕は詫びた。

 

3歳10ヶ月の彼女は

「私を軽くみている‼️」

と強く抗議した。

 

僕は詫びた。

「そんなことはない」

「考え事をしていた」

と弁解した。

 

彼女は

「次はもうしないか!?」

というので

僕は

「二度としない」

と誓った。

「考え事をしてると気づかないから、

 次はトントンと叩いて」

と付け加えた。

 

彼女は笑った。

とてもいい笑顔だった。

 

まさに五月晴れのような笑顔だった。

 

と思ったらまた泣き出した。

 

「きのう牛乳こぼした‼️」

という。

 

確かに昨日、

彼女は遊びながら飲んでいて

牛乳をこぼした。

 

イライラしていた僕は

彼女を感情的に叱ったのだった。

 

きょうになって

「もうこぼさないよ〜‼️」

と大泣きしている。

 

僕は

「昨日の自分は彼女が泣くことすら許さなかったのか…」

と反省した。

 

でも

「これでいい」

とも思った。

 

人は負の感情をためてはいけない。

 

僕はまだ、兄に対するわだかまりがある。

昔年の恨みは、消えない。

 

40歳になって子供の頃の恨みを今頃吐き出されても兄としても困るだろう。

でも、兄への恨みを持つことで

一番苦しんでいるのは

まぎれもなくこの僕自身だ。

(この葛藤が僕を成長させてきたのもまた、事実だ)

 

 

負の感情を処理する、というのは

膨大なエネルギーが必要だ。

 

この双子がこんなことにならないよう

この子たちの負の感情を

きちんと吐き出させよう。

 

そもそも

負の感情を持たないに心がけよう。

 

そのためにも

なるべく早く事業を軌道に乗せ

心と時間に余裕を持ちたい。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村