meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

【山形県の中小企業向け補助金は3種類】「補助金申請」たらいまわしの旅〜コロナ給付金の勉強ついでに〜

国の、中小企業への「持続化給付金」を調べてみた。

 

山形県でも「県の自粛要請に応じた個人事業主は10万円」だという。

 

わかったこと

  • 山形県からは僕に対し「自粛要請」がきていないので、僕は対象じゃない
  • 国の「持続化給付金」について県にききたくても「国に電話しろ」の一点張り
  • 国に電話すると「大変混み合っています。後ほどおかけ直しください」
  • 今年起業した会社は対象にはならない(僕のような起業1年未満がどうなのかよくわらかないまま)

 

ただ、この機会に

県の補助金を調べてみた。

 

 

山形県補助金

以前

取材で

山形県は99%が中小企業。中小企業の補助を手厚くする」

と知事が熱く語っていたことを覚えていた。

 

経済産業部長(当時)も

県議会で

「県独自の『中小企業スーパートータルサポ補助金』は、使い勝手がいいと評判だ」と胸を張っていたのを覚えていた。

 

起業当時は

「不動産賃貸」でいくと思っていた。

しかし、

「不動産賃貸」はあらゆる補助対象から外れるという。

 

だから全然調べていなかった。

 

今は「YouTube立ち上げ業」等で

ドローンがほしい。

HPのSEO対策に70万円支払った。

 

補助金を充てられないだろうか?

 

スーパートータルサポ

 

「中小企業スーパートータルサポ補助金」なるものを調べてみた。

 

f:id:kokotoriri:20200511162954p:plain

https://www.pref.yamagata.jp/sangyo/shokogyo/shinko/7110013supertotalsupo.html

 

HPに載っていた組織に電話した。

「やまがた産業技術振興機構」なるところの

「研究開発支援事業」なる予算らしい。

 

やまがた産業技術振興機構

f:id:kokotoriri:20200511162733p:plain

http://www.ypoint.jp

 

http://www.ypoint.jp/R02josei.htm

f:id:kokotoriri:20200511162652p:plain

http://www.ypoint.jp/R02josei.htm

 

結論として、NGだった。

あくまで「研究開発」だという。

 

ただひたすら文章を読み上げるお兄さんを制止し

どこを読んでいるのか確認しながら質問した。

 

理解できないところは一つ一つ潰していった。

 

電話口のお兄さんは親身になってくれて

違う窓口を教えてくれた。

 

電話してみた。

 

 

中小企業団体中央会

山形県中小企業団体中央会」なる組織の

コンサルティング活用販路開拓等支援事業」なるものだった。

 

コンサルティング活用販路開拓等支援事業|中小企業スーパートータルサポ補助事業|山形県中小企業団体中央会

f:id:kokotoriri:20200511162035p:plain

コンサルティング活用販路開拓等支援事業|中小企業スーパートータルサポ補助事業|山形県中小企業団体中央会

この中に入るとこんなページになる。

https://www.chuokai-yamagata.or.jp/chuokai/totalsupport/consul/download/200408Point.pdf

f:id:kokotoriri:20200511162223p:plain

https://www.chuokai-yamagata.or.jp/chuokai/totalsupport/download/saitaku_consulH29-R1.pdf

結論として

NGだった。

 

電話口のおじさんは

冷たく「対象になりませんね」と

突き放した。

「そんなことも知らないのか」

というニュアンスだった。

 

この補助金

 

僕はそれでも冷静に

淡々と質問していった。

 

僕は「知らないこと」に誇りを感じている。

 

「知らない」のは

「何もわからず起業した」からこそ。

 

だからこそできることがある。

実際、成功の道を進んでいる。

 

そして「補助金」についても

こうして少しずつ詳しくなっていく。

 

僕の総合力を上げていているのだ。

 

おっちゃんは最後には

親身になって教えてくれた。

 

「またどこかで応援する機会があれば」

といい

違う補助金を教えてくれた。

 

 

モノづくり補助事業

「モノづくり補助金がある。君の場合は『革新的サービス』で応募すればいい」

 

国のものだった。

これに落ちると

同じ書式で

県に申請できるらしい。

 

公募要領について|ものづくり補助事業公式ホームページ ものづくり補助金総合サイト

f:id:kokotoriri:20200511163343p:plain

https://www.pref.yamagata.jp/sangyo/shokogyo/shinko/7110013supertotalsupo.html

f:id:kokotoriri:20200511163255p:plain

https://www.pref.yamagata.jp/ou/shokokanko/110013/publicfolder-kigyosinko/supersapo/H31STS/R1syoukibosaitakuGT.pdf

結論

山形県が誇る

『中小企業スーパートータルサポ補助金

は3種類。

 

補助金に詳しい行政書士の存在意義を

深く理解した1日だった。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村