meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

【悲報だと思う】山形市・小中学校の休校延長へ〜緊急事態宣言延長余波〜

きょうのローカルニュースは

普通にショックだった。

 

YBC夕刊を振り返る。

 

f:id:kokotoriri:20200505212450j:plain

0505YBC

トップ

ニュースのリードを聞いて

「えっマジで??」と呟いてしまった。

 

山形市、小中学校の休校延長を決定。

今月31日まで。

 

f:id:kokotoriri:20200505212003j:plain

f:id:kokotoriri:20200505210428j:plain

0505YBC

 

なぜ?

山形市での最後の感染確認は

4月28日の一人だ。

 

5月中旬には2週間が経過する。

 

なのに

なぜ5月末まで??

 

また感染者が発見され

二転三転するのを避けたのだろうか?

 

大事をとって

5月末までとしたのだろうか?

 

判断の理由について

ニュースでの説明はなかった。

 

これだけ多くの市民の生活を左右する事柄にも関わらず

市長の会見はおろか、

市長や教育長のコメントすら発表されなかった。

 

なぜだろう?

説明がない理由を

ニュースの中で一言ほしい。

 

別ニュースで

山大医学部にインタビューが出ていたが

結局よくわからない。

f:id:kokotoriri:20200505205905j:plain

f:id:kokotoriri:20200505205619j:plain

0505YBC

国の決定について…

 

f:id:kokotoriri:20200505204022j:plain

f:id:kokotoriri:20200505203157j:plain

f:id:kokotoriri:20200505202800j:plain

0505YBC

「国の方針は妥当」だという。

 

 

早く双子を幼稚園に行かせたい。

 

幼稚園から連絡は来ていないが

市から幼稚園に対しては

小中学校に準じる形で指導が来るだろう。

 

今月末までは「自主休園」となるだろう。

 

残念だ。

 

双子は今まさに、

人格が形成されているのがわかる。

 

もっとたくさんの人と

交わらせたい。

 

妻は中国人だから母方の祖父母には会えないし

僕の両親はもういないしで

双子はジジババと遊ぶ機会がない。

 

中国人妻は

近所付き合いゼロだし

双子は、

パパママ以外の人と話す機会が

ほぼない。

 

何せ日本語が話せないから

近所の子供と遊ばせようにも

相手が言っていることが理解できず

双子が逃げてしまうのだ。

 

言葉は基本

強要されないと覚えない。

 

僕が中国語を理解してしまう限り

家庭内での日本語教育には限界がある。

 

僕が日本語を話しても

中国語で返ってくる。

 

日本語に囲まれ

「言語的アウェー」になってほしい。

 

3蜜会議

一方鶴岡市では、

市長をトップとした会議の様子が公開されていた。

 

でも、換気の悪そうな3蜜部屋に見える。

「市長が参加するときは絨毯敷きの部屋」と決まっているのだろう。

(一番奥が市長。元農水省のキャリア。顔も公務員っぽい)

f:id:kokotoriri:20200505210904j:plain

f:id:kokotoriri:20200505211630j:plain

0505YBC

GW中の緊急対応は偉いと思う。

 

でも、臨機応変に部屋を変える対応をしないのが

お役所らしい。

 

町村はのんき

「祝日明けてから校長会などで検討」するらしい。

それまで町村民は

予定も立てられない。

 

外出自粛のGWなんだから

校長会ぐらい

緊急で招集していいのでは?

f:id:kokotoriri:20200505210119j:plain

0505YBC


町村民は、

三世帯家族が多いから

学校があろうがなかろうが、

祖父母が子供を面倒みるから別にいいだろう?

ということなんだろうか?

 

対立

このニュースを見る前、

GW明けに幼稚園に通わせるかどうか

妻と意見が対立した。

 

妻は

「緊急事態宣言が終わるまで」

という主張。

 

僕は

山形市の状況を見て自分で判断すべき。

 今通わせ、一刻も早く日本語を覚えさせるべき。

 幼稚園の対策も納得のいくもの。

 第二波が来たら自主的に休めばいい」

 

僕は妻に対し

安倍晋三が設けた基準なんてあてにならない」

と一蹴したつもりだったが

妻は

「感染すれば血栓が増える。短命になる」と

中国語サイトで得た情報で反論する。

事実のほどはわからない。

 

議論は平行線をたどっている中で

ニュースの一報が入り

妻の勝利で終わったような形になった。

 

しかし

「3歳9ヶ月の双子を家でみるのは限界を超えている」

という認識だけは持ってほしい。

 

水は両手で受けきれない。

こぼれ続ける水はどうなるのか?

 

結論

今月の仕事の予定は

もうない。

 

生み出すものは決まっている。

コロナ禍の混乱が続いている中で

やることは増えた。

 

何をどう言ったって

周囲がどうであれ

山ほどあるやりたいことを

淡々とこなしていくだけだ。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村