meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

70万円の買い物【先行投資か?無駄使いか?】HPでSEO対策

「立ち上げたばかりのHP」を検索し

僕のHPを見た会社から

営業の電話がきた。

 

SEO対策の会社だった。

 

SEO対策とは

Google検索で上位に出る対策」のことだ。

 

大手のグループ会社だった。

 

結果、昨日と今日、営業担当者と3時間ぐらい話し込んだ。

 

このグログを書いて

SEOの大切さは身に染みて感じていた。

 

実際、自分で調べるときも

検索された上位3つぐらいを読んで

共通した情報を「事実」だと認識している自分がいる。

 

上位3位に入る大切さ。

上位1位に入る貴重さ。

 

「それをやれる」という。

 

価格は年契約で70万強。

 

月当たり5万5000円だ。

 

妻は「詐欺じゃないのか?」と疑った。

 

結論を言うと

僕は会ったこともない営業マンを信じて

契約した。

 

飛び込み営業をやめて

SEOという営業を雇った。 

 

f:id:kokotoriri:20200430214137p:plain

 

 

契約

70万強を支払った。

 

なかなか大きい買い物だ。

 

思えば僕はこの1年間で

220万円の物件を買って

50万円ほどでDIYリフォームし

350万円の物件を買い

きょう70万円の契約を結んだ。

 

物件を買えば

不動産会社と司法書士に手数料を支払い、不動産取得税を支払うことになる。

この1年間で計800万円ほどの出費だ。

 

一方、この1年間の収入は

200万円程度。

 

我ながら

こんな状態でよくSEO対策に70万円を支払ったもんだと思う。

 

なぜ70万円を投資したのか?

 

1人のリスク

僕は

「人は雇いたくない」という思いがある一方で

「ビジネスパートナー」の必要性を強く感じていた。

 

この1年間でつくづく感じたのは

僕1人でやれることは本当に限られている、ということ。

 

ビジネスをする上で

「チームを作らない」というのは

とてもリスキーだと感じるようになった。

 

ただ

「ビジネスパートナー」というのは

そう簡単に見つかるものでもない。

 

僕は

「山形で新しいことをしたい」と思っている以上

本当の意味での「ビジネスパートナー」は

山形県外で探すことになる。

 

しかし、それはとても難しいことだとわかった。

 

 

先駆者は孤独、だという。

 

そう考えると

僕にアドバイスしてくれる人を県内で探すのは

難しい。

 

僕を応援してくれる人は

僕にいろんなアドバイスをしてくれた。

  • 中国語で生活(留学経験)している武器を活かすべき
  • テレビの技術を活かすべき
  • 旅行好きなら観光業で生きるべき

どの意見も正しかった。

 

僕がどう決断をするかだけだった。

 

 

迷う

元々、空き家を買ってDIYしてカッコよくし賃貸する。

こうした不動産投資で生きていくつもりで脱サラした。

 

アドバイスをくれた友人もとても優秀だったし

彼の言う通りやっただけで

本当に不動産投資に成功した。

コンサルタントレベルのアドバイスを惜しげもなく教えてくれた)

 

おかげで僕は

ほどなくして

2軒のオーナーとなった。

何もせずに賃料が振り込まれる状態になった。

 

でも、

金融機関はもうお金を貸してくれなかった。

 

「テレビ業の方が不動産投資というのはピンとこない」

というのが理由だった。

実際、DIYで賃貸に成功しているのに

ピンとこないという理由もピンとこなかったが、

「貸してくれない」と言う事実に変わりはなかった。

 

僕の計画は狂った。

 

そんな僕にいろんな人が

いろんなアドバイスや応援をしてくれた。

  • 中国語で生活(留学経験)している武器を活かすべき
  • テレビの技術を活かすべき
  • 旅行好きなら観光業で生きるべき

どれも正しかった。

 

僕がどう決断するかだけだった。

 

脱サラをしたからには

「好きなことをして生きたい」。

 

そんな葛藤は常にあった。

僕の好きなことってなんだ?

 

旅と読書。

そして、文章を書く。

 

それに尽きる。

 

でも、旅行業は無免許。

無免許で飛び込むこともできたらしいと最近知ったけど

僕はそれを知らなかった。

それだけ思いが弱かった、ということなのかもしれない。

 

知る喜び

僕はとりあえず自分を放っておいて

きた仕事を受ける、という体勢をとった。

自分という人間を分析するために。

 

その結果、

僕は

「物事を噛み砕いて人にわかりやすく説明する」

のが得意なのだとわかった。

「プレゼンが得意」なのだ。

 

そしてそれは

僕が「旅と読書」が好きな理由と

根は一緒だった。

 

「知る喜び」だ。

 

僕が教えることで

相手が「知る喜び」で表情がパッと明るくなる瞬間を目の当たりにするのが、

僕は好きなのだとわかった。

 

今思えば

DIY不動産も

「自分でやれるんですよ」と

「知る喜び」を感じたいということの証明だったし

 

マスコミで働いているときに特集にこだわったのも

「山形にこんな世界が広がっているんですよ!!」と伝えて

「知る喜び」を感じてほしかったからだし

 

ゲストハウスを計画したのも

台湾の人に「日本の東北」を「知る喜び」と

山形の人に「台湾の人ってこんなにいい人なんですよ!!」

ということを知って喜んでほしいからだった、と気がついた。

 

そして「知る喜び」を提供できるのは

僕自身が「徹底的に分析して噛み砕く」ことを

無意識でやっているから

「わかりやすく説明できる」のだと気がついた。

 

そして何より

僕は「おもしろいこと」に常に飢えている。

残念なことに、

僕は

笑いの沸点、が高い。

 

決断

さらに独立から1年。

生きていくには僕の「市場価値」を最大限に活かす必要があるのをヒシヒシと感じた。

 

結局、テレビで培ったことでしか市場価値はない。

 

それに「わかりやすく教えること」。

 

映像とわかりやすく伝えること。

(要はどっともテレビなんだけど)

 

答えは「動画制作を教えること」に行き着いた。

ちょうど、

時代は、5G。

 

まだまだ「動画制作を覚えたい」の需要はある。

 

そう感じて

HP制作に取り掛かった。

YouTube代行」。

f:id:kokotoriri:20200430222622p:plain

弊社HP

 

 

そしたら

そのHPを見て営業がきた。

 

声を聞く限り

「不誠実」だと感じた。

 

彼の営業トークを徹底的に論破した。

冷静に。でも友好的に。

(以前の職場では攻撃的に論破していたのでそこは改めた)

 

ただ、彼が言っていた

YouTubeコンサルタント」と言う言葉は

僕に響いた。

 

電話を切った後

YouTubeコンサルタント」でYouTubeを見ると

勉強になる動画が上がっていた。

 

まさに「僕がやりたい」と思っていることだった。

 

やるなら早いほうがいい。

今ならまだ間に合う。

でも一人では不安だ。

 

僕は、この会社と組みたい、と思った。

 

「相手を信用できるなら発注しよう」と決めた。

 

 

そしてきょう

また電話してきた。

 

相手の声は

「対金づる」から「人対人」に変化していた。

 

一通り説明を聞いて

筋の通らないところを質した後

事業をしていく上での不安を話した。

 

 

彼は

「コンサルはまだ無理。まずはYouTube上に広告を出すということを代行したらどうか?」

と提案した。

 

さらに彼自身がYouTubeが大好きで

よく見ていると言った。

 

本当のようだった。

 

僕は思った。

彼と組みたい。

 

貯金はだいぶ減ってきたけど

70万円ぐらいなら

まだ一括払いできる。

 

コロナは「追い風」だ。

 

たかが70万。

そう思うまでやるまでだ。

 

彼らの仕事は僕のHPを

契約したキーワードで最上位にすることと

HPを見た人が「問合わせしたい」と思わせるページ作りに助言すること。

 

問合せがきたら僕次第。

 

これで決まった。

僕はYouTubeコンサルを目指し

YouTubeに本腰を入れます。

 

そしてそれを

観光業に活かしていきます。

 

といいつつ、

あさって雪山登山してきます。

初の企画提案でのテレビ業として。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村