meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

【GWにオススメ映画】『国家が破産する日』〜コロナ禍で観ると倍面白い〜

面白い。

オモシロイ。

 

ひき込まれる。

 

絶対に観てほしい社会派映画だ。

ようやくネットで視聴できるようになった。

 

Amazonプライムならレンタルで400円。

UーNEXT新入会なら、無料。

 

 

映画概要

2018年の韓国映画

「史実を基に、フィクションとして再構成した」というが

ほぼノンフィクションだろう。

 

史実とは、1997年に韓国で起こった通貨危機

 

政府投資家末端の工場の演者の3本柱で

物語は進む。

 

政府の思惑と内紛、

危機を察した投資家、

経済危機に翻弄される工場。

 

この3組が同時進行で映像が積み重なっていく様子は

リズムカルで緊迫感があり

観るを者を引きつける。

 

同時進行で進むことで

国の裏と表で起こっていることが

わかりやすく

身近なものとして迫ってくる

 

演者たちは、

名前は違えど、

実際に社会に存在し

実際の社会で発言した内容だろう。

 

予告


『国家が破産する日』本編映像

 

出演者 

キム・ヘス  ユ・アイン  ホ・ジュノ  チョ・ウジン  ヴァンサン・カッセル

 

象徴カット

f:id:kokotoriri:20200426104335j:plain

f:id:kokotoriri:20200426104341j:plain

f:id:kokotoriri:20200426104256j:plain

f:id:kokotoriri:20200426105036j:plain

f:id:kokotoriri:20200426104325j:plain

f:id:kokotoriri:20200426104321j:plain

f:id:kokotoriri:20200426104301j:plain

f:id:kokotoriri:20200426104346j:plain

f:id:kokotoriri:20200426104241j:plain

f:id:kokotoriri:20200426104305j:plain

Amazonプライム




感想

こんなに見事な映画も珍しいのではないだろうか。

難しい経済問題を扱いながらも

自然な流れで、

一般の人にもわかるように描いている

 

それでいて言葉は最低限

ちょっとした仕草や表情で感情を示す。

 

楽観や欺瞞や絶望に翻弄される中で

人を救おうとする誠実さ

闇の中に光を見出す人間のたくましさ

コロナ禍の今だからこそ観たい新作映画だ。 

 

たった20年前に隣国で起きたことを

わかりやすく伝えてくれる素晴らしい教材。

 

韓国がなぜこうも不安定なのか?

若者の就業率が低いのか?

政治的に反日に走る必要があるのか?

 

そもそもの経済の土台の弱さにあるのだとわからせてくれる。

 

ストーリー、映像描写として一流の映画。

 

絶対にオススメの映画だ。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村