meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

【未だ”不明”のウイルス発祥地】アメリカvs”火事場泥棒”中国〜いろんなところでバッチバチ〜

これだけ世界を震撼させている

新型コロナウイルスだが

未だに「発祥地は不明」だという。

 

11月の大統領選挙にも影響するだけに

トランプ大統領も本気で追求を始めた。

 

でもそれだけではない。

その理由をご存知だろうか?

 

中国が本気で

世界一の覇権国家になるため動き出しているのだ。

自国の火が、他国に延焼している間に

火事場泥棒にいそしんでいる

 

 

 

ウイルスの発祥地争い

アメリカメディアでも、

意見は分かれている。

f:id:kokotoriri:20200419140339j:plain

4月19日 山形新聞

 

トランプ大統領は、対応の遅れを中国に責任転嫁」という表現は

不適切だ。

f:id:kokotoriri:20200419134647j:plain

4月19日山形新聞

トランプ大統領が初期対応を誤ったのは事実だが

「責任転嫁」は事実誤認だろう。

 

「責任転嫁」ではなく「矛先を向いてる」だ。

 

中国はWHOを丸め込み

それこそ

「中国がアメリカに責任転嫁」

しようとしているのだ。

 

アメリカが反論するのは国益に沿っている。

 

ただ、トランプ大統領

メディアや市民の「矛先」を

中国に向けたいと言う思惑があるのは事実だろう。

  

ただ、アメリカのメディアも

「中国のウイルス研究所からの漏洩」を指摘している。

 

ウイルスが発見された「武漢の市場」と「研究所」は

約30㎞の距離だという。

f:id:kokotoriri:20200419134613j:plain

4月19日山形新聞

 

一方で、

「あり得ないと考えている」

という意見も。

f:id:kokotoriri:20200419134541j:plain

f:id:kokotoriri:20200419134509j:plain

4月19日山形新聞

僕は「何を以ってあり得ない」

と言っているのか?を知りたい。

 

中国側はアメリカ軍が持ち込んだ」と主張をしている。

f:id:kokotoriri:20200419164500p:plain

f:id:kokotoriri:20200419164442p:plain

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57156780U0A320C2I10000/

世界各国から軍人が集まって武漢で開かれた運動会でウイルスを持ち込んだ

 という。

 

しかし、中国にとって大切なのは

「政治的、軍事的に優位に立つこと」。

「真実」ではない。

 

習近平が決めたことが「真実」だ。

 

中国に住んだことがあり

ウォッチを続けてきた僕としては、

武漢の研究所の漏洩で感染が広がった」と思っている。

 

続く中国の蛮行

中国が今、

こんなことをしているのをご存知だろうか?

 

小規模核実験

f:id:kokotoriri:20200419165435j:plain

4月17日山形新聞

アメリ国務省(外務省)の報告。

「中国が小規模核実験の可能性」

f:id:kokotoriri:20200419165357j:plain

4月17日山形新聞

確証はないが指摘の理由は2点。

「大規模な掘削」と「国際データへの頻繁な送信遮断」

f:id:kokotoriri:20200419165319j:plain

f:id:kokotoriri:20200419165243j:plain

4月17日山形新聞

 

僕は「小規模核実験はしている」と思う。

 

南シナ海

世界の大反対を押し切って

強引に作り出した「南シナ海」の使用を活発化させている。

 

f:id:kokotoriri:20200419165516p:plain

https://www.afpbb.com/articles/-/3277448

 

香港への締め付きもより強力に

世界がコロナと戦っている隙に

香港の重鎮の逮捕まで踏み切った。

参考

本質むき出し【山形と宮城は増え続ける】平穏じゃない日曜日〜サンデーモーニング等から〜 

f:id:kokotoriri:20200419134435j:plain

4月19日山形新聞

ウイルスで国内でいっぱいいっぱいになっている間

中国は虎視淡々と世界征服を進めている。

 

大げさではない。

 

ウイルスに苦しめられる状況は

10年後20年後に同じことが繰り返される。

 

その時、

覇権国は同じことをするだろう。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村