meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

一律10万円は創価学会のおかげ?【危機感欠如から迷走の極み】リーダーシップのなさに愕然

今の最大の経済対策は

「感染を抑え込むこと。

 国民に安心を与えること」

 

この2つだろう。

 

しかし、今回の10万円は

残念ながら、どちらにも効果を発揮しない。

 

 

給付金迷走の裏側

一世帯30万円、

しかも厳しい条件付きで一体誰が受け取れるのかわからない。

 

未曾有の事態だ。

「条件付きの30万円」ではごまかせない。

 

未曾有の事態に対し、

過去の発想に縛られたバカげた案だ。

 

そんな案を巡って日本中が振り回された

 

共同電がその裏側を赤裸々に報じている。

 

安倍総理と麻生副総理の2トップが

足かせとなっているのが

よくわかる名記事だ。

f:id:kokotoriri:20200416221926j:plain

4月16日 山形新聞

麻生は「一律10万円には反対」だった。

それは、麻生自身が首相だったリーマンショック時に

現金給付が貯金に回され

「バラ巻き」と批判されたからだという。

f:id:kokotoriri:20200416221325j:plain

山形新聞

トラウマが邪魔しているようだ。

 

なぜ貯蓄に回すのか?

 

「次に入ってくる安心感がない」からだ。

 

「官邸は迷走を極めた」

共同通信も、このくらいの表現を使うほどになった。

 

新聞記事だって「世論」を見ながら書く。

「もうこれぐらい強く書いていい」という判断が働いている。

 

それだけ我々は、

官邸=安倍総理と麻生副総理に、疑念不満を抱いている。

f:id:kokotoriri:20200416221441j:plain

山形新聞

本人(と妻)以外は、

民意との乖離

危機感を抱いている。

f:id:kokotoriri:20200416221551j:plain

山形新聞
10万円は創価学会のおかげ?

そもそも「一律10万円」を提言したのは誰だったのか?

公明党だった。

f:id:kokotoriri:20200416221810j:plain

山形新聞

公明党の支持母体は、

創価学会という宗教団体だ。

 

公明党は与党だ。

選挙でも自民党と組んでいる。

 

創価学会の信者は

小選挙区自民党を支持

比例で「公明党」と書く。

 

その代わり自民党候補者は選挙演説の際

義理で「比例は公明党に」と、一言入れる。

 

そうやって与党の座を手に入れた宗教団体が

愚将を動かした

 

その宗教団体を動かしたのは、

もちろん信者だ。

f:id:kokotoriri:20200416221656j:plain

山形新聞

結局きょう

「一律10万円」に着地した。

 

予算を組む省庁は大混乱だ。

もう、てんやわんやだろう。

f:id:kokotoriri:20200416223419j:plain

NHKニュース7

これで、

モリカケ問題で財務省に借りがあった安倍晋三

これでさらに、

財務省に頭が上がらなくなったことだろう。

 

 

f:id:kokotoriri:20200416223633j:plain

NHK

朝令暮改とは、

指示がコロコロ変わることを揶揄する表現だ。

 

中国政府の代名詞となっていたが

まさか自分の国がそうなるとは、

思っていなかった。

 

愚将のしでかしたことが現実に

そんな迷走を極めている愚将のバカげた案が

本当に実行されてしまっている。

f:id:kokotoriri:20200416221108j:plain

f:id:kokotoriri:20200416221009j:plain

4月16日 日テレ

ビッグデータが抵抗なく使われ始めた

この混乱の中、

携帯電話会社等のビッグデータが使用され始めている。

 

わかりやすくし

情報が目視できるのはありがたい。

 

でも、僕たちの個人情報が利用され始めていることは

知っておいた方がいい。

f:id:kokotoriri:20200416223117j:plain

f:id:kokotoriri:20200416223013j:plain

f:id:kokotoriri:20200416222912j:plain

4月16日 日テレ

どこの会社の情報か?

f:id:kokotoriri:20200416222804j:plain

f:id:kokotoriri:20200416222643j:plain

4月16日 日テレ

ヤフージャパン。

つまり、ソフトバンク

 

ソフトバンク

中国・テンセントを子会社に抱えている。

その恐ろしさがわかるだろうか?

参考【もはや”先進国”・中国】今新たに起きている恐ろしいこと

 

Paypayの決済情報を組み合わせれば

あなたがどこで何をしていたのか、全て筒抜けだ。

 

中国では実際そうしている。

 

「ヘルスコード」という監視アプリがないと、行動できない。

 

安倍晋三が総理をになっている限り

日本も徐々にそうなっていく。

 

このニュースが「当たり前の情報」として使われ始めているのが

その一歩だ。 

 

下の写真は

ビッグデータを使った情報だが

ナレーションでは

内閣官房によりますと」だった。

 

その意味がわかるだろうか?

f:id:kokotoriri:20200416223212j:plain

NHK

「携帯電話会社が持っているはずの

 ビッグデータ

 内閣官房が持っている」ということだ。

 

僕たちの個人情報が官邸に流れている。

内閣官房」とは、省庁のエリートが出向して組織されている。

 

もちろん、警察庁のキャリアもいる。

 

そうしてデータを扱ったであろう警察庁職員が

警察庁に出世して戻れば

全国の警察官に指示を出すのだ。

 

日本は「管理社会」にさらに一歩進んだ。

 

山形は順調に増える

ベスト4だった山形は

きょうも順調に5人増えた。

 

今や上から数えた方が早い。

f:id:kokotoriri:20200416223528j:plain

NHK

東北の雄、宮城県が射程距離だ。

 

ちなみ岩手は、やっぱり検査が少ない。

f:id:kokotoriri:20200416221216j:plain

山形新聞

f:id:kokotoriri:20200415211140j:plain

4月10日現在
山形放送ニュース

f:id:kokotoriri:20200416222513j:plain

4月16日 山形放送

大木アナの口紅がいつもより濃いのは気のせいか?

予防の一環だろうか?

 

クラスターとなった、

大蔵村の施設では、ついに入所者へと感染した。

f:id:kokotoriri:20200416222416j:plain

YBC

山形では、ロッカーでの感染が多くなっている。

 

元社員のネタをニュースに

f:id:kokotoriri:20200416222119j:plain

f:id:kokotoriri:20200416222024j:plain

4月16日 山形放送

きょうの私ごと

満開の桜を眺めながら仕事に向かった。

f:id:kokotoriri:20200416225757j:plain

山形市

ふと「台湾からのクラウドファンディングを募りたい」と思った。

 

https://www.instagram.com/p/B_COcOyJ3Ql/

ここ&りり’s Instagram post: “#桜 #cherry”

 

ゲストハウス 用の改装に

クラウドファンディングで費用を募りたい。

 

でも

今「地域にお金を落とす仕組みを生む『街宿』を」なんていっても

インパクトがない。

 

台湾人に向けてならどうだろう?

「コロナが終息したらぜひ山形に来てほしいんだ!!」

 

台湾はコロナの押さえ込みに成功した。

きっと今なら応援してくれるはず。

 

繁体字で探してみよう。

 

 

肝心の仕事は番組撮影だった。

 

やっぱり、テレビ業は楽しい。

f:id:kokotoriri:20200416225750j:plain

 

きょうの双子

妻撮影。

レジには透明な仕切りが。

f:id:kokotoriri:20200416224121j:plain

双子

夕食時にあまりに行儀が悪いので双子を叱った。

効果があった。

 

叱られる意味がわかってきたようだ。

 

それだけに

幼稚園に行かせたかったな、と思う。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村