meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

コロナ支配下の入園式〜最短で終わるも双子はさっそくお遊戯を覚えた〜

ついに双子が入園することになった。

 

中国人の母親に育てられ

日本語を話せない双子だが

いよいよ日本社会に突入することになった。

 

 

出発前の自宅が闘い

 

遅刻癖のある妻には、

遅れないように口を酸っぱくして言っていたので

僕が8時に起きた時には

双子の食事は終わっていた。

f:id:kokotoriri:20200410171638j:plain

出発前の双子

妻は「9時に出発する」と高らかに宣言していた。

 

僕は彼女と連れ添ってかれこれ18年になる。

 

絶対に遅刻するのはわかっていた。

そして、案の定遅くなった。

 

化粧にたっぷりと時間を使っていた。

 

双子がまた

「ママきれい!!」なんて

はしゃぐもんだから

ますます時間が長くなる。

 

10分遅れで出発した。

 

遅刻問題でケンカするのはもうたくさんだ。

 

「最悪の事態を想定しておく」。

10分なら想定内だ。

 

幼稚園は?

幼稚園に着くと

とある先生に挨拶された。

 

以前の同僚の母親だった。

「大変お世話になりまして…」

といわれ

「いえいえ、私こそ…」

などと言い返したが、

確かに彼のことはよく面倒を見たと思う。

 

この先生のおかげで我々家族は

幼稚園で

必要以上に手厚くもてなされている気がする。

 

「情けは人のためならず」がモロに感じられる瞬間だ。

 

 

教室に案内され

担任の先生の自己紹介が済むと

すぐに「お遊技場」に移動した。

 

f:id:kokotoriri:20200410181902j:plain

 

双子が「まだ〜?」とぐずり始めた時

「時間が早いですが揃ったので始めます」

 

いいね!!

臨機応変だ。

f:id:kokotoriri:20200410171614j:plain

入園式
コロナ対策

最短の時間で終わった。

10分程度だっただろうか。

 

 

その間ずっと、窓は空いていた。

f:id:kokotoriri:20200410171534j:plain

窓は開けられていた

集合写真は撮らない、というので

二人の集合写真にしておいた。

f:id:kokotoriri:20200410171518j:plain

たくさんのパパたちがムービーで撮影していた。

園長先生の挨拶をずっと撮影していた。

 

編集するんだろうか?

 

写すなら、子供を撮るべきだ。

 

中に一人、某国営テレビの下請けカメラマンがいた。

彼も僕と同様、一眼レフで

ひたすら子供を撮っていた。

 

プロならそうする。

 

お遊戯

終わってから教室に戻った。

先生が「トントン トントンひげじいさん」を繰り返しやってくれた。

  

「先生すごいな」と思った。

話の進め方とか、間の取り方が上手だと思った。

さすがプロだ。

どの道にもプロがいる。

 

そして僕は、プロが好きだ。

 

Kは興味なさそうだったが、

Lは真剣に聞いていた。

 

10時半には終わって、

少し庭園で遊ばせた。

 

f:id:kokotoriri:20200410171424j:plain

庭園

桜が満開だった。

f:id:kokotoriri:20200410171503j:plain

同じ場所で同じ角度で撮ってみた。KとL。

f:id:kokotoriri:20200410171320j:plain

K

f:id:kokotoriri:20200410171317j:plain

L

似てる…

 

マスクをするともっと似てる。

 

さあここで問題です。

 

この人はK?L?

f:id:kokotoriri:20200410171435j:plain

Lです。

 

こっちは?

f:id:kokotoriri:20200410171423j:plain

K

Kでした。

 

早速お遊戯覚える

家に戻ると、

さっそくLが

「トントン…」と振り付けしながら歌い出した。

 

おお!!

なんと幼稚園のありがたいことよ!!

 

中国育ちの妻は何を歌っているのか全くわからなかった。

「さっきの?へー。パパは知ってるの?」

「もちろん…」

 

幼稚園は偉大だ。

 

しかし

武漢ウイルスを恐れている妻が、

通園禁止令を発布している。

 

月曜日になっても幼稚園に通うことはできない。

 

いつ解かれるかは不明だ。

 

その判断を追認するかのように

速報が出ていた。

f:id:kokotoriri:20200410205536p:plain

https://www.yamagata-np.jp/news/202004/10/kj_2020041000262.php

宮城県に迫る勢いだ。

 

そして僕は、確定申告作業に入った。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村