meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記(今はコロナウイルスがらみばかり)〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった38歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

【山形で連日感染者確認】漂う不安とコロナウイルス〜先のみ見えぬ絶望と戦う無力感〜

きのう、山形県初のコロナ感染確認された。

岩手、鳥取、島根が粘る中、ついに我が山形県が陥落。

 

県民は、ベスト4で終わったと落胆し

ウイルスがひたひたと近づいている恐怖におののいた。

 

 

 

山形県内の濃厚接触者は?

きのう感染が確認されたのは、神奈川県在住の女性だった。

自動車学校に免許をとりに合宿に来ている学生だった。

昨日の記事

 

感染場所は山形ではなかったし

山形滞在であるが、在住ではない。

 

県民の関心は、濃厚接触した県民だった。

昨日段階では、7人いて、

検査中だということだけがわかっていた。

 

検査の結果は??

山形新聞

朝食を摂る前に朝刊を開くと、結果が出ていた。

 

結果は??

 

f:id:kokotoriri:20200401193820j:plain

4月1日山形新聞 一面

全員陰性だった。

 

よかった…

 

ほっと胸を撫で下ろした。

 

山形はまだ持ちこたえている。

 

ほっと一安心したのも束の間

そう思っていた矢先、

2例目が確認された。

 

 

 

上山市

県都山形市と隣接している市だ。

 

立派な温泉宿もあり

県外からの観光客も多い土地だ。

 

 ローカル局の報道は?

トップニュースは2例目の感染

f:id:kokotoriri:20200401203631j:plain

山形放送

f:id:kokotoriri:20200401203343j:plain

山形テレビ

f:id:kokotoriri:20200401200010j:plain

テレビユー山形

 

感染者は、温泉宿の調理師だった。

 

問題は、県内在住者だということ。

f:id:kokotoriri:20200401204835j:plain

 

 

f:id:kokotoriri:20200401204948j:plain

濃厚接触者は?

家族と調理師の計8人だという。

f:id:kokotoriri:20200401203726j:plain

山形放送

感染源は?

調査中、つまり「わかっていない」ということだ。

 

お客との接触は「ほとんどない」という。

f:id:kokotoriri:20200401203745j:plain

f:id:kokotoriri:20200401203414j:plain

結論はわからない

県も、昨日の感染よりも強い危機感だ。

f:id:kokotoriri:20200401210138j:plain

f:id:kokotoriri:20200401205912j:plain

 

推測だが、客から感染した接客係がいて、

そこから調理師に感染したのではないだろうか?

 

山形県民の見えないところで、

感染拡大している可能性が、ある。

 

そして昨日の続報

f:id:kokotoriri:20200401195808j:plain

山形放送

f:id:kokotoriri:20200401210246j:plain

山形テレビ

 

f:id:kokotoriri:20200401200359j:plain

テレビユー山形

山形放送はさすがの取材力

きのう唯一、感染者が出た自動車学校の生徒に

  電話インタビューしていた山形放送は、

きょうは学校の経営者に電話インタビューしていた。

 

学校としても、生徒に好きに話されるよりは

経営者が話した方が得策と判断したのだろう。

f:id:kokotoriri:20200401195440j:plain

 

他に具合の悪い人はいないか?という質問には

正直に回答していた。

 

f:id:kokotoriri:20200401203237j:plain

学校の感染者の濃厚接触者は陰性だったが、

濃厚接触者じゃない人に発熱者がいるという。

これは山形放送の隠れたスクープだろう。

 

f:id:kokotoriri:20200401203753j:plain

牛島可南子アナがコーナーに

 

山形はもはや、危険地帯となった。

 

目先の経済の行方しか見えていない安倍政権の愚策と共に

山形もさらに沈んでいくしかないのか?

 

我々はやるべきことを淡々とやるしかない。

  • 徹底した手洗い
  • お店に入る前だけでなく、店を出る時もアルコール消毒
  • 30分に一度の温かい緑茶

  •  よく食べよく寝る

  • ストレスを抱えない 

 

国は、中国・韓国から学び

イタリア・スペインを反面教師にしなくちゃいけない

取るべき策は決まっている。

  • 重症化した患者は病院で
  • 軽症者は隔離施設に
  • 健康な人は自宅待機

を徹底すべきだ。

 

各家族に20万円支給したり

家賃保証したり

安心を与えること。

 

予算をどこから持ってくればいいかはわからないけど

そこは何とか調整してほしい。

 

今、経済を止めてでも、

感染拡大を最優先すべきだ。

 

そうしなければ、

もっとひどい経済的な打撃を受けることになる。

 

もっともっとひどいことになる。

 

それがなぜわからぬ。

 

 

きょうの私ごと

巷の騒ぎをよそに

黙々と「ロビンソン・クルーソー 」  を読んだ。

読了した。

 

語弊を恐れず、大きく分類するとすると

船旅、DIY、冒険、信仰、愛とは何か、三国志的な戦略、

生きることには何が必要か

ということに関心がある人には絶対に読んでほしい本だ。

 

出版から300年経ってもいまだに新訳が出されるだけがある。

 

内容は全く古さを感じさせない。

むしろ、新鮮そのものだ。

 

主人公の葛藤、工夫、学び。

 

彼の生き方そのものを通して

信仰とは何か?を考えさせられる。

 

彼の生き方そのものを通して

生きていく上で、

精神的・物質的に必要なものとは何か?を教えてくれる。

 

そして一番印象に残ったのが

無宗教の日本で育った危険性」。

 

この本はプロテスタントを説いているのだが

教えの真理をついているのがまた、この本の魅力だ。

(本を通して神の教えとは何かを伝えている)

 

三国志でもたびたび「天意」が出てきたが

まさに、そうした「人知の及ばないことへの謙虚さ」が表現されている。

 

奢りたかぶっている安倍政権に振り回されている

コロナパニックの時期に読むのもまた、オツだった。

 

双子

久しぶりにこれで遊ばせたら、

積み上げられるようになっていた。

僕は拍手をして双子の成功を称えた。

f:id:kokotoriri:20200401195210j:plain

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村