meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記(今はコロナウイルスがらみばかり)〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった38歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

【コロナ交響曲の卒業式】〜ビデオ撮影係り〜会社を辞めて初めて知る制作会社内の人間関係

在校生がいない体育館は

ガランとしていた。

 

 

 撮影開始

 

 

天童市立津山小学校の卒業生は20人ほどだった。

 

校長の挨拶が終わったとに予定されていた校歌合唱は削られ、

卒業証書受書に移った。

 

式自体は、1時間足らずに終わった。

 

 

教室にうつる。

担任お先生が

児童一人ひとりにメッセージカードを送っていた。

 

ここで涙ぐむ児童も。

僕は一人ひとりを丁寧に撮影した。

 

そして音楽室に移動。

 

「さくら」の合唱が始まった。

 

でも、市の指導で歌はダメだから、

担任から保護者に対し

「撮影はNG」とのお達しが出された。

 

僕は撮影し続けた。

 

一番泣くところをコロナやら天童市の意向を組んで

撮らぬわけにはいかないだろう。

 

 撮影が終わり

 

一通り撮影が終わると

会社に戻った。

僕が戻ると、

他の学校に撮影に行っていた仲間たちも戻ってきた。

 

僕が前の会社で一緒に働いていた制作会社の人たちだ。

 

昼食タイムである。

この仕事は昼食付きなのだ。

 

僕はお肉コンボ3点セットとライス大盛り、

デザートを食べた。

 

だらだらと情報交換をしながら。

 

このとき、ビデオ撮影業をしている社長の態度が「社長」になる。

以前は、

僕が記者で彼はカメラマンという役割で仕事をしていた。

僕は彼にとって「お客」だった。

 

でも、この場面では、彼が堂々と「ご馳走してあげる社長」になる。

 

 僕が信頼していた人は…

 

僕にとっては、まだ駆け出しの頃からいろいろ教えてくれた人だったので

頼りにしていた。

 

ただ僕も中堅の位置に入っていくと

彼の編集の方向性などで意見がぶつかることがあり

次第に一緒に仕事をすることはほとんどなくなっていた。

 

それでも僕は世話になった人だからと

会社を辞めるときは彼に早めに報告した。

「早くサラリーマン時代の年収を超えたいです」

 

僕はてっきり、

彼も門出を応援してくれるものと思っていたが

彼の反応は冷たかった。

 

遠い場所を見ながら、さもつならなそうに

「無理でしょ」とだけ呟いた。

 

そしてつまらなそうに去っていった。

 

僕の印象を大きく変えてくれた彼だが

他の制作会社から「あいつに仕事回してやれよ」というプレッシャーがあり

僕に電話が来た。

折り返してもつながらなかった。

つながるまで3日かかった。

それが持つ意味合いは僕もわからなかった。

 

仕事は

とある中学校の運動会だった。

 

その次が、合唱コンクール

 

そしてきょうの卒業式。

 

毎回、終わってからファミレスに行く。

もちろん社長(彼)さんが上座に座る。

僕は末席に座る。

 

そこで互いの近況状況を確認し合った。

つまり僕が前にいた職場の話だ。

僕が局員時代に知ることがなかった

彼らのあけすけな語り口に少し圧倒される。

 

嫌いな女子アナをババア呼ばわりする。

 

一通りおさまると

全体の雰囲気に

「ここりりの仕事の様子は聞いていいのか?」という空気がある。

 

僕は小出しで、

今世話になっているテレビ局や

やっている仕事について報告した。

 

テレビ業界の人にとって

僕がテレビで働いている、というと「出戻りかよ」という反応になる。

 

でも、今僕が仕事をもらっているのは、前職とあまり絡みのないところなので

僕の情報はそれはそれで新鮮らしかった。

 

それ以上の計画は話さなかった。

彼らは、あくまで前の同僚で、

これからのビジネス仲間ではない。

 

この食事は1時間半〜2時間程度かけるものらしく

社長のよもやま話を聞いてあげるのも仕事の1つのようだった。

 

卒業式という厳粛な空気、涙。

やけに長い昼食。

昨日のハードな仕事に今日の朝起き。

 

頭痛が始まっていた。

あとは編集の仕上げを週末で終わらせたい。

 

PS 今日の双子

f:id:kokotoriri:20200319215428j:plain

f:id:kokotoriri:20200320193839j:plain


 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村

 

外国語の成長は

日本語の「国語力」で決まります。

子どもの未来は「国語力」で決まる!
無料体験キットプレゼント中!