meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記(今はコロナウイルスがらみばかり)〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった38歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

【絶対に今観てはいけない韓国映画】『FUL 運命の36時間』

コロナパンデミックの恐怖化にある僕らにとって

この映画は恐ろしすぎる。

 

信憑生がありすぎる

 

現場の状況、

感染を知って民衆がとる行動、

政府の対応、

アメリカの対応。

 

普段観たらただのパニック映画だけど

今観るとものすごく現実感がある。


全て今現実で起きていることが

この映画に凝縮されている。

 

f:id:kokotoriri:20200314225001p:plain

アマゾン

 

 

僕がTwitterで調べた武漢で起きていること

予言のように映像化されている。

 

日本政府内で起きている(であろう)ことが

見事に表現されている。

 

アメリカCDCも

アメリカファーストのために

ちゃんとしゃしゃり出てきくる。

 

ものすごく信憑生があるので

観ていてつらくなる

 

コロナパンデミック今の時期

絶対に観てはいけません!!

 

ストーリー設定だけでなく

ハラハラドキドキするスリリングなカット構成なので

今、観るとものすごい恐怖感に包まれる。

(ほのぼのシーンとドキドキシーンをうまく混ぜ込むことで

 日常とパニック状態を見事に使い分けている)

 

ただ、唯一

韓国映画の特徴である

『人間関係にのぞくあったかさ』がああったのが救い。

 

この映画を象徴するシーンの一部。

政治ネタ部分だけを。

 

f:id:kokotoriri:20200314225722j:plain

f:id:kokotoriri:20200314225714j:plain

f:id:kokotoriri:20200314225718j:plain

『運命の36時間』象徴シーン

 

 

安倍総理の2回目の記者会見で

ますます日本という国に不安を覚えた者としては

 

逆に今は

この映画を120%味わえる時期かも知れない、と思う。

 

 

 この映画鑑賞にエネルギーを使いすぎて

明日何もやる気がなくなってしまった。

 

 

あっ。

元々何もやる予定なかったんだっけ😝

 

2013年

チャン・ヒョク 主演

#スエ #ユ・ヘジン 共演

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村