meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

【もはや”先進国”・中国】今新たに起きている恐ろしいこと

新型肺炎は、

僕たち一般市民を支配するいいチャンスなのかも知れない。


Twitterで中国語の呟きを見ていると

次の日の朝刊を読んでも

目新しい情報がない。

 

でも、

おとといの朝刊に

ものすごい情報が掲載されていた。

 

ぜひ多くの人にみていただきたい。

 

 

中国政府は

監視カメラやビッグデータを駆使した

個人情報の収集を進めてきた。

 

習近平反対派の摘発につなげている。

 

そして、

この新型肺炎に乗じて

さらに「監視システム」の構築に乗り出している、という。

 

以下、記事の重要なところを

簡潔に説明したい。

f:id:kokotoriri:20200226205948j:plain

2月24日山形新聞

 

「社会行動を維持ししつ、感染症を阻止」

 

この両立には

下々に有無を言わせぬ

中国らしい方法だった。

f:id:kokotoriri:20200226210003j:plain

2月24日山形新聞

 

浙江省(上海の隣)のタクシー運転手が感染。

データを駆使し、感染者の乗客200人を特定した。

 

つまり、

既存のシステムで

ここまで追跡ができてしまうのだ。

f:id:kokotoriri:20200226210025j:plain

 

 

そして恐ろしいのが次だ。

 

この記事には、

2点、隠されたポイントがある。

f:id:kokotoriri:20200226212127j:plain

 

お気づきになられた方は

きっと「中国通」か「経済通」の方だろう。

 

1点目は

「アリババと政府が開発」

 

アリババとは、中国で

電子決済サービス最大手であり、

ネット販売サイトの最大手だ。

 

アマゾンジャパンと楽天が一緒になったような感じ、

と言っても足りないスケールの会社だ。

 

そんな会社が政府とアプリを開発した。

 

これが意味することは

「数億人のビッグデータを政府が利用可能になる」

ということだ。

 

想像してほしい。

 

「アマゾンジャパンが

 あなたの住所氏名年齢、購入・閲覧履歴を日本政府に提供できる状態」

だったら??

 

2点目は

「アリババ」という会社が日本とも強く関係している、ということだ。

 

アリババ上場、筆頭株主ソフトバンクGに追い風

2019/11/26 20:05
日本経済新聞 電子版
 
 

ソフトバンクグループはアリババ集団株の3割弱を握る筆頭株主だ。アリババ株を担保に資金を調達しており、香港上場でアジアの投資家が株価を高く評価すれば、財務力が増す。米ウィーワーク運営のウィーカンパニーなど一部投資先の価値が低下し、アリババ株への依存度は高まっている。

 

アリババとソフトバンクの関係は深い。

 

ソフトバンクグループが進める電子決済、Paypayのシステムが作られる以前から

アリババは電子決済を既に中国で広めていた。

 

アリババの仕組みづくりがあってこその

Paypayなのだ。

 

 

ちなみに創始者は特徴的なので

この機会にご覧になっていただきたい。

 

 

f:id:kokotoriri:20200226214014j:plain

アリババの創始者 馬雲 カッチカチだ

 

 

カッチカチである前提で

次の記事を読むと…

 

 

利用者の健康状態を「赤、黄、緑」に区分。

「緑」でなければ職場や公共施設に入れない

 

このシステムを

浙江省(上海の隣)や四川省湖北省の隣)が先行導入している。

 

つまり、

このアプリを使わないとどこにも入れない、ということだ。 

f:id:kokotoriri:20200226205949j:plain

 

黄色で7日強制隔離。

赤なら14日。

虚偽報告で処罰の可能性。

 

f:id:kokotoriri:20200226205656j:plain


 「緑」でなければ地下鉄も乗れない。

 

「強制ではない」というが

「提示を求められる」ので

やっぱり強制だ。

 

これが全国に広がる予定だという。

 

中国は特に

西部のウイグル族(トルコ系の人たち)に対する監視を強めてきた。

 

この新型肺炎をチャンスに変え

アリババが持つ膨大な個人情報を我がものにしようとしている。

 

中国政府はDJIというドローン最大手の会社(深センに本社)とも組んでいる。

DJIは世界市場を圧巻している。

 

ドローン販売全体の8割がDJI産だという。

 

DJIの商品が

「安価で高性能」だからだ。

 

ただ業界の人たちはこぞっていう。

「いくらなんでも安すぎる」。

 

ドローンを先駆けて導入した

とある制作会社の社長は言う。

 

「どう考えても300万するものが、DJIだと30万円」。

 

 

そして彼は続けた。

 

「DJIの商品が安いのは中国政府が資金援助しているから。

 見返りにDJIの商品で撮影したビッグデータ

 中国政府が収集している」

 

そう考えると、

辻褄が合うのだという。

 

都市伝説だろうか?

 

いや。

 

中国で2年生活し、中国人と結婚した僕は、

この説を、直感的に信じた。

 

 

記事の最後の〆。

 

「緑」の人がスーパーに行ったら「黄」に。

f:id:kokotoriri:20200226205756j:plain

 

決済履歴、移動履歴が全てわかってしまう、というわけだ。

 

これがアリババでできるようになったということは

ソフトバンクでも可能になるということだ。

 

しょっちゅう内閣支持率を調査している安倍晋三氏が

ビッグデータをほしがらないわけがない。

(マスコミ界では「一番内閣支持率を調査している」のは

 NHKでも朝日新聞でもなく、自民党だと言われている

 

この恐ろしい監視システムは、

日本にいつ、どういう形で入ってくるのだろう?

さすがに少し先の話だろう。

とぼんやり思っていた。

 

そして今朝。

#モーニングショー

 

f:id:kokotoriri:20200226205723j:plain

2月26日モーニングショー

 

「AI」といえば聞こえはいいけど

人間は、AIという名の「個人情報の集積」にアクセスできるわけか…

 

Twitterからの個人特定なんて、

キャリアやNTTが協力すればすぐにできる。

 

 

このシステム作りに

ソフトバンクはどれだけ絡んでいるんだろう?

 

僕はYモバだけど別に覗かれて困る情報もないし

まだ覗かれるような存在でもないからいんだけど。

 

 

社会はどうあれ、

僕はとにかく日々の生活を送らねばならない。

 

久しぶりにニュースの編集で時間ギリギリに追い込まれ

ヘトヘトになって帰ったら

双子が出迎えてくれる。

 

きょうは春から通う幼稚園の制服を買ってきたらしい。

なんか親であることをこれまでで一番強く実感した。

 

f:id:kokotoriri:20200226221805j:plain

ピカピカの年少さん

 

 

君たちが大きくなる頃

どんな社会になっているんだろう?

 

パパはとにかく

どんな社会にも適応できる人間に育てるよう、と思っている。

 

芯があって判断力があって、

優しさが経済力を生むことを知る人間に。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村

 

 

クラフトアイスクリーム「HiO ICE CREAM 」