meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

【新型肺炎・蔓延を待つのみ】日本政府のヤバさは変わらず。自分で自分の身を守りましょう

 もう新型肺炎の感染は広がっている前提で書きます。

 

僕は

東京・大阪を中心に、

たくさんの潜伏期間の方がいると思ってる。

 

これからいかにパンデミックを最小限にとどめるか、が

今の勝負どころ。

 

でも、

相変わらず政府はその対応をとらない。

 

残念だ。

 

 

きょうは妻が健康診断だったので

子守しながらTwitterを眺めた。

 

これまでは

パンデミックを防ぐための情報を伝えたい!!」

 と本気で思ってたけど、

もうあきらめた。

 

もうパンデミックは避けられないので

きょうは

2月17日というこの日を記録するにとどめることにしよう。

 

山形新聞の一面は

新幹線ネタ。

この世界の一大事の時に…

 

こうしたとき

山形新聞社と政治家との強いつながりを感じる。

(実際強くつながっている)

 

今の日本の課題は、

いかにパンデミックを抑えるのか?

 

一気に感染が広がれば

医療機関の受け入れ能力を超える。

 

それを避けなければならない。

 

「いかに感染の広がりを遅くしていくか」が課題だ。

 

とりあえずの課題は、

大都市での通勤ラッシュ対策ではないだろうか。

 

山形からはうかがい知れないので

Twitterを検索してみる。

 

「満員電車」がトレンドになっている。

 

 

 

むむむ。

 

非常事態だけど

いつもと変わらぬ光景。

 

311で原発事故を起こした時の福島と一緒だ。

(あの直後、複数の女子アナが行方をくらませたが、

 ある意味正しい行動だった)

 

 

ウイルスは見えない。

見えないものには対応しない。

対応できない。

 

それが日本人の現状だ。

 

こんなにのんきなのでいれれるのが

日本<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">「梅毒患者数は2012年の6倍。私たちが出来ること」<br>誰でもかかる可能性がある性感染症とは?<br>あなたのため、大切な人のために、予防や感染拡大防止の方法を学びましょう。<br>#性感染症#梅毒<a href="https://t.co/s5m9Pyqvyj">https://t.co/s5m9Pyqvyj</a></p>&mdash; 東京都性感染症ナビ (@tokyotonavi) <a href="https://twitter.com/tokyotonavi/status/1219543525697568768?ref_src=twsrc%5Etfw">January 21, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">「梅毒患者数は2012年の6倍。私たちが出来ること」<br>誰でもかかる可能性がある性感染症とは?<br>あなたのため、大切な人のために、予防や感染拡大防止の方法を学びましょう。<br>#性感染症#梅毒<a href="https://t.co/s5m9Pyqvyj">https://t.co/s5m9Pyqvyj</a></p>&mdash; 東京都性感染症ナビ (@tokyotonavi) <a href="https://twitter.com/tokyotonavi/status/1219543525697568768?ref_src=twsrc%5Etfw">January 21, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">「梅毒患者数は2012年の6倍。私たちが出来ること」<br>誰でもかかる可能性がある性感染症とは?<br>あなたのため、大切な人のために、予防や感染拡大防止の方法を学びましょう。<br>#性感染症#梅毒<a href="https://t.co/s5m9Pyqvyj">https://t.co/s5m9Pyqvyj</a></p>&mdash; 東京都性感染症ナビ (@tokyotonavi) <a href="https://twitter.com/tokyotonavi/status/1219543525697568768?ref_src=twsrc%5Etfw">January 21, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">「梅毒患者数は2012年の6倍。私たちが出来ること」<br>誰でもかかる可能性がある性感染症とは?<br>あなたのため、大切な人のために、予防や感染拡大防止の方法を学びましょう。<br>#性感染症#梅毒<a href="https://t.co/s5m9Pyqvyj">https://t.co/s5m9Pyqvyj</a></p>&mdash; 東京都性感染症ナビ (@tokyotonavi) <a href="https://twitter.com/tokyotonavi/status/1219543525697568768?ref_src=twsrc%5Etfw">January 21, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> の特徴でもある。

 

台湾では、日本の対応のひどさがニュースになるほどだという。

 

 

中国人さえも

日本を心配している、らしい。 

 

 

一方、中国のツイッターを見ると

相変わらずマスクをしていない人が強制連行されたり

封鎖のため流通に乗せられない農産物が廃棄されている映像がアップされている。

 

 

 

この辺りはいまいち出所がはっきりしないので、

いまいち信用しきれない

 

スーパーでもこのレベルらしい。

 

 

 

他にもご遺体を焼却する人が

「政府からはすぐ処理しろと命令がきている。

 全く休めず、気が狂いそうだ!!」

という電話のやり取りが

YouTubeにアップされている。

 

相変わらず危機感が半端ない。

 

険しい顔してTwitterばかり見ていたら

娘に携帯を取り上げられた。

 

仕方ないので

公園に連れて行った。

(もともとげんきっずに連れて行くつもりだったが、インフルの時期だとして妻に反対された。というか妻が双子用の車を乗っていったので家にいるしかなかった)

 

公園ガラガラ。

 

一瞬、山形も封鎖されているのかと思うほどだった。

 

 

夜のNHKニュース7。

何を報道するかチェック。

f:id:kokotoriri:20200217204210j:plain

0217NHK7

坦々と現況を伝えていた。

 

「起こったこと」ばかり。

 

一番の懸案事項、

潜伏期間の人が多くいると思われる中

どう対策するべきか?

政府はどう対応すべか?

という視点でのニュースはなし。

 

ホント「政府の発表垂れ流し」という言葉で表現するしかない。

どうなってんだ。

 

第二次世界大戦のときもそうだったし

311のときもそうだったけど

本当にヤバい情報は

政府は発表しない。

 

報道もされない。

 

 

それは歴史が証明している。

情報を受け入れる側の受容能力を超えるからだ。

 

実際、今回もそれが起きているようだ。

 

 

 

政府の責任は重い。

マスコミの責任は重い。

 

そんな表現を良く耳にするけれど

それは政府にもマスコミにも期待している人の発想だ。

 

政府もマスコミもあてにはならない。

 

きょうはTwitterにも

大した情報がなかったので

ストアカとココナラに商品登録した。

 

「動画撮影・編集からのYouTubeアップ」と

「教科書にはない日常使いの中国語会話」。

 

 

とりあえず、自分の身は自分で守ろう。

 

良く寝てきちんと食べ、

手洗いをしっかりして

喉を潤す。

 

それしかない。

 

ああ、きょうも編集しなかった。

明日こそ。

1時間でいいからやろう。 

 

最後に一つ。

中国人観光客増加の裏側。

観光客減少は打撃だけど

一度立ち止まってみるタイミングでもあったのかもしれない。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村