meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

【なぜ無投票に?】山形・大江町長選挙、町役場職員が無投票で初当選

山形県の中心あたりに、大江町という田舎町がある。

 

奥深い山がありながら山形市に比較的近く、

舟唄温泉という名湯もある。

 

移住してくる農家を自発的に支援する組織があったり

いじめ反対でプロレスを誘致する人がいたり

なかなか活気のある町だ。

 

何より、吉村美栄子山形県知事の出身地なので

政治学的には重視される町だ。

 

 

その大江町で、

きょう午前8時、町長選が告示された。

 

そして午後5時、

唯一立候補した副町長の当選が決まった。

 

f:id:kokotoriri:20200211211308j:plain

f:id:kokotoriri:20200211211206j:plain

f:id:kokotoriri:20200211211053j:plain

出典:TUY

この方は直接存じ上げないが、

「公務員」な顔してらっしゃるなぁと思う。

 

実際、元々は町職員の方だ。

 

 

通常、初当選は選挙になる。

 

無投票で初当選、というのは山形でも異例だ。

 

ではなぜ

今回無投票で初当選となったのか?

 

それを、1月27日付けの山形新聞が記事にしている。

 

f:id:kokotoriri:20200211211646j:plain

1月27日山形新聞

 

後援者も「寝耳に水」だったという。

 

f:id:kokotoriri:20200211212604j:plain

山形新聞

でも、それはそれで不思議な話だ。

 

なぜ後継者ぐらいそばにいるはずの人が

町長の熱意がなくなっていたことに気付かないのか?

 

なにせ、僕でさえも

今の町長が、今期までだと想像がついていたからだ。

 

町民からもそうした声が聞かれたようだ。

(というか、記者がそう思っているということ)

 

f:id:kokotoriri:20200211212534j:plain

山形新聞

 

実際彼は、後継者を探していた。

 

お役所関連の取材に行くと、

けっこう自治体のトップがポツンと一人になっていることがよくある。

 

そうしたとき、

僕はけっこう話に行ったりした。

 

田舎ほど外国人観光客を呼べるポテンシャルがあると感じているので

その辺の考え方を探っていたのだ。

 

町長や村長と直接話をすると

けっこう面白い。

 

規模が小さい役場ほど、

機敏に動けるので

町長・村長の意向がモロに自治体の行動に影響する。

 

トップと直接話して感覚を掴んでおくと

今後の取材に何かと役立った。

 

 

大江町で育成しているブランド鳥・やまがた地鶏のお披露目の取材のときだった。

あの日も例のように、

町長は暇そうにしていた。

 

僕は話しかけた。

何度か取材したことがあって、

僕はこの人に好意を持っていた。

 

ユーモアがあるのだ。

いつも「町長の挨拶」で笑わせてくれる。

そんなトップ、ちょっといない。

 

僕は言った。

「地鶏と温泉と登山。大江町は豊かですね。

 地鶏と温泉と登山でツアー組めないですかね?」

 

そんな会話だった。

 

そして町長は言った。

「君、次の大江町長選挙に出ないか!?」

 

あまりに突飛なことを言われて

僕は声を上げて笑った。

 

すると町長は

北海道江差町長は、北海道新聞の記者だった人だ!!

 取材がきっかけで町長になったんだ!!」

と本気で訴えたのだった。

 

もう何年も前の話だけど

目を大きくして声を荒げたときの形相は

今でもまぶたにくっきりと焼き付いている。

 

 

これは僕の勝手な想像だけど、

町長は自分から「町長になりたい!!」という人が出るのを

待っていたのではないか?と思う。

 (想像を膨らませて質問を練るのがマスコミの仕事の一つだ)


地方はどんどん大変になっている。

 

子供が少なくなっている上に

東京への流出がより激しくなっている。

 

地方の財政を成り立たせるためには

観光客にお金を落としてもらう以外

方法はない。

 

それは、全国どこも一緒だ。

 

 

交通の弁が不便な山形県

外国人誘致という点で不利だ。

 

相当な覚悟がないと

自治体競争に埋没してしまう。

 

だからこそ

強いリーダーシップのあるトップが必要、

自ら「やりたい。任せろ!!」という人を

待っていたのではないだろうか。

 

でも、年齢も年齢で

探すエネルギーも湧かないまま

イムリミットを迎えてしまった。

 

そんな気がしてならない。

 

あしたはキー局のロケだ。

人気のアナウンサー・バードさんがやってくる。

 

明日は絶対ハードな1日だ。

疲れるとウイルスに感染しやすくなる。

 

早く寝よう。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村