meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記(今はコロナウイルスがらみばかり)〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった38歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

【現地の新型肺炎の様子を探ってみた】双子の出迎えから始まる、午後のNCPTwitterまとめ

スタバで編集するつもりが

Twitterばかりやっていた。

参考記事: 仕事したいけど、新型肺炎のニュースが気になりすぎて編集が進まない

 

「ただいま」と帰ると

双子が走ってきて

僕の帰りを全身を使って喜びを表現した。

 

さんざんウイルスとか政府が信じられないとか

翻訳してきた後の

この子供の無邪気さ。

 

https://www.instagram.com/p/B8TiaEjJMG5/

Twins were very glad, because Dad came back home. It have me very glad, too.

 

 

帰ってから今度こそ編集しようと思ったけど

やっぱりTwitterをやってしまった。

 

その前に録画した「旅サラダ」の中継をチェック。

f:id:kokotoriri:20200208230525j:plain

2月8日放送「旅サラダ」 山形テレビ佐藤彩加アナ

このアナウンサー、ホントうまくなったな~。

中継のテンション、喋りの緩急、進行役としての立ち位置、出演者のフォロー。

すべてうまくこなした。

90点。

ラッシャー板前さんのボケへのツッコミがちょっと弱かった分10点減点。

 

 

さて、早速中国内部の映像を見る。

 

これは最北部、黒竜江省ハルピンの映像だ。

ハルピンでもこのレベルか。

なかなか興味深い。

 

返信欄にちょっとコメントしてみる。

 

 

武漢の現状を教えてください。翻訳して日本向けにリツイートします)

と一言入れたら、

次々に中国語系のフォロアーが増えた。

 

 

f:id:kokotoriri:20200208223531j:plain

 

彼らのフォロアーになると

どんどん中国の現地の情報がアップされていく。

 

隔離しようとする行政と

反抗する市民の映像が多い。

 

 

これは、アメリカ政府がとった行動。

 

 

 

 

 

 

 

これは、なかなか面白かった。

 

大変さがしみじみと伝わってくる。

 

これは単なる僕のつぶやきです。

 

これは単に笑えたやつ 

 

 

これはブラックユーモアで笑えた。 

 

 これは深刻…

こんなことも起きているんですね。

 

マスクをしていないとこの状態。

もはや半狂乱状態です。

 

 

これは、どう考えても感染者数について

中学政府が嘘をついているという話。

 

 これは突貫工事でできた病院の内部。

 

 これはYouTube

信ぴょう性あると思う。

 

でもとが定かでないので、

今思えば本当かどうかはわからない。

 

 中国では毎朝こうして体操している。

 

 

 マスクの足りなさを表現

 

 

銃かと思ったけど溶接だった。

でもそれでもやっぱりびっくり。

 

 

中国語圏のTwitter

リツイートが多くて、元がよくわからないものもあるので

信ぴょう性において注意が必要だ。

 

どうも、この人が情報元であることが多いようだ。

https://twitter.com/IsChinar?s=20

 

後この人

https://twitter.com/CLdQVZJkjDB2aMa?s=20

 

 

ちなみになぜこんなことをやっているのかというと

日本のマスコミは

「危険だから」 という理由で

現地取材させないから。

 

現地の情報が日本に入ってこない。

 

僕は以前、火山噴火を取材した際、

「噴火口に近すぎる」という理由で放送してもらえなかったことがある。

 

中国政府の情報はあてにならない。

 

日本のメディアも結局

ネット情報頼み。

 

それなら僕個人でだってやれる。

 

正直、僕個人で取材に行きたいぐらい。

 

でもネットでやれてしまう。

 

よし、やってみるか。

 

という感じです。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ

にほんブログ村