meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記(今はコロナウイルスがらみばかり)〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった38歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

【地方には地方で負けられない戦いがある】どうなる?山形県知事選~選挙まで1年を切り具体的に動き出した~

山形県知事は、現在3期目だ。

 

政治家一家に嫁いだ普通の主婦が、

祭り上げられて選挙に出馬し

当選してしまった。

 

当時、負けてしまった現職知事は、

職員からも評判が悪かった。

 

みんな口をそろえて

「ものすごく優秀な人」というが

「ものすごく冷淡な人」と評価した。

 

今の知事は人当りもよく

立派な方だ。

 

知事は、

非自民系に祭り上げられたので

非自民系だ。

 

でも、自民の国会議員ともうまくやっている。

 

バランス感覚がいい。

 

職務にも邁進していて

職員からの評判もいい。

 

一度「裸の王様」になりかけがが

一斉にメディアから批判を受け

きちんと訂正をはかってきた。

 

実績も積み上げてきた。

 

実際取材をしてきて

酒の席で一緒になったりして

さすが、ひとかどの人物だと感じる。

 

この知事は、

2期目も3期目も無投票当選だった。

 

県議会で一番人が多い自民が

手出しできなかったのだ。

 

知事の任期がありすぎて

候補者を立てられなかったのだ。

 

知事は、

自民の中央にも食い込んでいるから

地方の自民議員はうかつに手を出せない。

 

 

来年1月、4期目の選挙がある。

 

現状、このまま現職が立候補して当選するのが既定路線だろう。

 

これに対し、対立する自民が

「このままでいけない!!」と

繰り返している。

 

 自民党山形県連の会長を務める国会議員、加藤鮎子代議士は

ずいぶんと強気だ。

f:id:kokotoriri:20200207153737j:plain

山形県自民県連会長の加藤紘一氏の娘さん

ずいぶんと強気な発言で

「大丈夫なのかな」と

思っていた。

 

公募を決めたという。

f:id:kokotoriri:20200207173802j:plain

山形新聞

 

 

f:id:kokotoriri:20200207174001j:plain

f:id:kokotoriri:20200207173920j:plain

f:id:kokotoriri:20200207173840j:plain

山形新聞

山形県にゆかり

・党員一人以上の推薦

・党員投票は行わない

 

これは候補者を「一本釣り」するということかな? 

 またも「何としても候補者を出す」という

強気の発言。

 

誰か目当ての人いるのかな?

と思っていた翌日の誌面。

 

1面にこんな記事がでた。

 

f:id:kokotoriri:20200127215731j:plain

出典:山形新聞 山形県知事選に名乗りを上げた、大内理加県議

 

山形市区でトップ当選を続けた大内理加県議が

立候補を予定しているという。

 

そういうことか。

 

彼女は、前回も立候補しようとしたが、

周りが積極的に応援してくれず

断念した経緯がある。

 

「捨て石になるつもりだった。1枚岩になれないかぎり出馬できない」

本当に悔しそうだった。

 

その後

「周りの意見なんか無視して出ればよかったんだ」

などの批判がでた。

 

「『出るな』という人をも

巻き込んで自分を応援してもらうのが政治家というものだろう」

 

もっともな批判だった。

 

今回は出る決心をしたようだ。

 

これに対し現職は

f:id:kokotoriri:20200207153632j:plain

f:id:kokotoriri:20200207153703j:plain

吉村美栄子知事

 

現職は必ず出る。

タイミングを見計らっているところだ。

 

なるべく角を立てない方向で立候補を表明するのだろう。

そういう人だ。

 

水面下では、

後援会がすでに準備を進めているという。

 

後援会から

「お願いだから立候補して下さい」

とお願いされたうえで

「わかりました」

という段取りをとるんだと思う。

 

3期目の無投票当選を決めた当時の朝日新聞のインタビューで

4期目についての質問に

 「県民が判断すること」

とかわしていた。

 

でもこれは

「出るつもりだ」

という表現でもある。

 

さあ、どうなるか。

 

失点もなく高い人気を維持している現職に対し

自民がどれだけ結束できるのか。

 

そこが見ものだと思う。

 

記事の出典:山形新聞

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村