meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

今後の株価の行方・経済記事まとめ~今が買い時・素人ほど「インデクッス投資」に手を出すべき理由~

山形新聞掲載「私の相場観」等、株価関連記事

12月第2週分まとめ

 

今週は、米中貿易摩擦の回避

イギリス総選挙等があり

上昇局面となった。

 

来年春ごろまで、この状態は続くとみられる。

 

これまでの予想通り、

来年選挙を控えるトランプと、

経済成長が減速している中国双方が、

妥協しあった形。

 

2大大国の米中政権の支持率が

経済と強く結びついている以上

両者とも経済を優先させた態度をとらざるを得ないとの観測が強い。

 

関連記事:今後の株価はどうなる?記事「私の相場観」まとめ

 

 

 

以下、新聞の記事からその根拠を確認していく。

 

 

12月10日 肯定派

・世界経済の回復続く

・来年前半にかけて上昇

・来年五輪後も政府の対策で景気堅調を維持

f:id:kokotoriri:20191215110754j:plain

 

 

 

12月11日 否定派

・成長は「IT関連業」のみ

・他業種への広がりない

・失業率低く、個人消費底堅い内需は期待できない

・企業業績は底堅い

・来年6月のキャッシュレス決済還元制度の終了と五輪終了のマイナス影響がリスク

f:id:kokotoriri:20191211223948j:plain

 

 

 

12月12日 肯定派

・海外では景気底打ちのシグナルあり

・中国の製造業改善

・11月の米雇用統計も良

・欧州の製造業も改善

米大統領選の行方が懸念材料

民主党の予備選次第ではリスクに

f:id:kokotoriri:20191215112528j:plain

 

 

12月13日 肯定派

・「5G」関連の追い風で上昇基調

・世界経済の回復期待を背景に、5Gや半導体、産業ロボットが買いに

・米中貿易摩擦のリスクは限定的

f:id:kokotoriri:20191215111542j:plain

 

経済関係記事 前向き

・「先行きの不透明感」は削除

・世界経済の減速懸念、低下

f:id:kokotoriri:20191215110737j:plain

f:id:kokotoriri:20191215111049j:plain

 


12月14日 否定派

・現在の株式市場には、慎重な姿勢で臨むべき

日経平均の上昇は、欧米株高を反映したため

アメリカの製造業景況指数は「不況」

・日本の鉱工業生産指数が大幅に低下

・世界経済は楽観できない

f:id:kokotoriri:20191215111625j:plain

 

 

 

 

株価関係記事:

「今後の業績改善への期待が先行」

f:id:kokotoriri:20191215111007j:plain

f:id:kokotoriri:20191215140238j:plain

f:id:kokotoriri:20191215140244j:plain

高値を付ける東証株価





関係記事

米中摩擦、ひとまず休戦

・15日に予定していた新たな制裁関税を見送る

・発動の一部の税率を15%から半減

f:id:kokotoriri:20191215110926j:plain

 

 

制裁縮小した理由についての記事

 アメリ

 ・経済悪化の懸念

 ・「ウクライナ疑惑」から世論の目をそらすため

 中国

 ・物価上昇や雇用をめぐる国民の不満に神経をとがらせている

 

f:id:kokotoriri:20191215110841j:plain

 

米側の理由

f:id:kokotoriri:20191215140207j:plain

 

中国側の理由

f:id:kokotoriri:20191215110842j:plain

 

 

強気一辺倒だった習近平国家主席政権だが、

香港問題をめぐって、民間に対策の提言を求めているとの報道もあり、

ここにきて、

態度の軟化が見られる。

 

 

まとめ

記事「わたしの相場観」には、

・「米中貿易摩擦」がどうなるか

・世界経済は底打ち感

トランプ大統領が選挙用に経済対策を実施する

・日本の株価は「5G」銘柄に支えらている

という指摘が多い。

 

米中貿易摩擦は、

とりあえず双方痛みが伴うことが実証され、

当分、株価に大きなリスクにはならないとみられる。

 

となると、

素人投資家としては

SBI証券楽天証券に登録して

アメリカの株式市場にインデクッス投資するのが

ベストの方法だろう。

 

インデックス投資は安い手数料で、

しかも指数と自動連係だからお気軽に始められる。

 

今なら高い確率で稼げる。

 

SBI証券楽天証券は手数料が安いからおススメ)

 

SBIネオモバイル証券 口座開設プロモーション

 

 

いま、世界中低金利で、市場にお金が余っている状態。

 

アメリカ大統領選や東京五輪が終わった後は

世界経済、日本経済はまた波乱を迎える可能性がある。

投資を始まるなら、まさに今がおススメ。

 

買うのとはとりあえず、

eMAXIS Slim 米国株式S&P500」

がいいです。

 

とりあえず3000円程度から始めてみましょう。

 

↓おススメ本です 

 

 

少額ずつの投資だけど

僕も順調に増えている。

f:id:kokotoriri:20191215151012p:plain

 

ちなみにきょうの山形新聞の一面の見出しは、自社ネタでした。

しかも写真は、立って喋っている山形新聞社長。

f:id:kokotoriri:20191215110740j:plain

山形新聞一面

 

 

 ポチっていただけると励みになりますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村