meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記(今はコロナウイルスがらみばかり)〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった38歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

祝・祝・祝!!セルフリノベ物件、入居者決まる!!

9月15日

僕はその時、JR恵比寿駅を出たところだった。

 

入社同期の友人の式に呼ばれていて、東京に来ていた。

 

「結婚式場に向かうにはちょっと早いかな」と何となく携帯で時間を確かめた。

 

着信が残っていた。

 

不動産屋だった。

 

僕はすぐに折り返した。

 

「内覧することになったので、その報告だった。もう内覧終わった」という。

 

「どうでしたか?」と聞くと

 

「すごく気に入ってくださった」と言った気がした。

 

にわかには信じられなかった。

 

周りが賑やかだったせいもあり、僕は聞き返した。

 

彼女はやはり

「すごく気に入ってくださった」と繰り返した。

 

そして

「保証会社に申請するが、ほぼ決まりだ」と

思いもよらない言葉を発したのだった。

 

ほぼ決まり?

 

マジ??

 

ただ

「家族が多く駐車場をたくさん借りるので出費がかさむ。

 家賃を値引きできないかと言っている」という。

 

僕はもともと3,000円高く設定していたので

「3,000円の値引きでであればいいですよ」と即答した。

 

高く設定して長い期間待つよりも、安く設定してすぐ入ってもらう。

 

それが僕の方針だった。

 

 

それから1週間後。

 

連絡がこないところを見ると、他の物件に決めたのかも知れない。

 

 

諦めかけていた頃に、再度不動産屋から電話があった。

 

「先日の方から、正式に申し込みがあった」

 

マジか。

 

保証会社(家賃が払えない場合の備え)からも、即日OKが出た。

 

僕はその連絡を受け取ると、僕もすぐにOKを出した。

 

 

きのう契約が終わり、不動産屋が今月分と来月分の家賃を現金で持ってきた。

 

f:id:kokotoriri:20190928204433j:plain

生々しい家賃

 

きょう入居らしい。

 

 

 

ここまで長い道のりだった。

 

いろんな人に相談し、

失業保険を受給しながら物件を探した。

 

4月に内覧。

 

5月に契約し、6月に引き渡し。

 

ゴミの処理から始まった。

 

1人タンスを切り刻んだ。

 

1人孤独にペンキを塗った。

 

8月からは相方と一緒に夏バテになりながら、やったことのない作業を失敗しながら少しずつ進めていった。

 

 

道具代、ペンキ代、床の木材代、水道工事、相方への人夫代。

 

出費がかさんだ。

 

一方で僕は3ヶ月間無収入だった。

 

「自分がやっていることは正しいのだ」と信じた。

 

「今は堪え忍ぶ時期だ」と言い聞かせた。

 

そうでないと不安に押しつぶされそうだった。

 

そんな僕をみて、たくさんの人が力になってくれた。

 

不安の中でも

「住みたいと思ってもらえる家」にすることだけはこだわった。

 

f:id:kokotoriri:20190908201018j:plain

f:id:kokotoriri:20190908201211j:plain

 

そして、その苦労は報われた。

 

僕は特に世話になった友人に報告した。

 

結婚式の友人にも「幸せを分けてもらった」と連絡した。

 

みんな自分のことのように喜んでくれた。

 

リノベ費・経費込みでだいだい330万円。

 

家賃収入は年間75万円。

 

4年半で回収できる見込みだ。

 

それまで、今の入居者入ったままでいてくれるといいなぁ。

 

 

テレビの仕事もポツポツと入り始めた。

 

中国語を使う旅行関係の仕事も受注できそうだ。

 

壁紙張りの仕事の依頼も来た。

 

不動産屋からいい物件の紹介があった。

 

 

一体自分がこれからどうなるのかわからない。

 

会社を辞めて来月で丸一年。

 

人生なんとかなりそうな気配だ。

 

↓応援してもらえるとうれしいです

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村