meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

一時の休息⑥〜中継カメラ業務〜

きょうも優雅に自作パンで朝食を、と思ったら…

 

 

小麦粉の塊になっていた…

 

イースト菌がうまく働いてくれなかったらしい。

 

新しいイースト菌買ってこなきゃな。

 

 

きょうは中継カメラ業務。

 

東根市のイベントへ。

 

ドイツビールとドイツ料理を楽しめるという、おいしいイベント。

 

 

 

肉料理の数々。

 

帰ってから、録画をチェック。

 

ドキドキ。

 

番組内で中継は3回きた。

 

1回目。

 

光の変化が厳しい中できちんと対応できてる。

 

まずまず。

 

2回目。

 

ちょっと自分の影が映ってしまったけど、許容範囲。

 

 

 

「喋る量にしては、撮影する物が少ない」というディレクタション側の問題があったにせよ、僕の役割としてはまずまず。

 

 

3回目。

 

疲れてきたのと、台本をきちんと頭に入れらずに本番に来てしまったので、カメラに迷いが生じた。

 

しかも「食べる」という重要シーンで、少しだけピントがずれてる…

 

 

これはプロとしてあり得ない!!

 

次、精進しましょう。

 

 

 

中継終わりと同時に、プロダクションから連絡。

 

「急だが17日入れいないか」。

 

即「よろしくお願いします!!」と返信。

 

仕事をすることで人脈が広がり、次の仕事につながる。

 

断る手はない。

 

ミャンマー行きは延期です。

 

明日は東京で友人の結婚式。

 

もちろんビデオ係です。

 

 

今日の収穫は、僕と同じフリーランスとしてテレビ業務をしている人と仕事できたことだった。

 

僕が会社を辞めた時、電話をしたら親身になって相談に乗ってくれた人だった。

 

 

彼は帰りの車の中で、個人事業主の節税方法について懇切丁寧に教えてくれた。

 

一番参考になったのは、カード払いしたものは、領収書がなくてもいいこと。

 

カード会社の明細さえあればいいという。

 

自宅の水道代やガス代、ガソリン代などは、事務所との半々ではなく、9割を経費にしても問題ないこと、などなど。

 

 経費を計上しまくり、収入を0に近づけてしまえば、所得税も次の年の市民税もぐっと低くなること。

 

ただ、収入が0に近づけば金融機関からの融資が難しくなること。

 

いや〜参考になった。