meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

空き家バンクに登録⇨なぜ??の補助金申請へ

朝起きたら9時だった。

 

きのうは11時に寝た。

 

やはり10時間寝ないとダメらしい。

 

まずは朝食。

 

コメを悪くしたくないので、しっかりコメを食べる。

f:id:kokotoriri:20190911202105j:plain

朝刊を眺めながら朝食

 

物足りないので、買ってあった黒豆を追加。

 

f:id:kokotoriri:20190911202009j:plain

黒豆

 

買った黒豆は甘すぎる…

 

黒豆なんぞ、ついこないだまで、サクッと自分で作っていたのに…

 

DIYで家をリフォームしたら、料理をDIYする気力がなくなってしまった…

 

まあいい。

 

とりあえず今は全力でダラダラしよう。

 

 

きのう「空き家バンク登録」の通知が届いていた。

 

f:id:kokotoriri:20190911202038j:plain

空き家バンク登録通知

 

「2〜3日で通知する」というのに10日もかかった。

 

今思えばちょうど市長選で、市長空白だったから、10日もかかったんだな。

 

これで、ハウスクリーニングの補助金申請する書類が整った。

 

市役所に行かねば。

 

と思ったが、面倒。

 

面倒すぎる。

 

よし、掃除しよう!!

 

f:id:kokotoriri:20190911202509j:plain

f:id:kokotoriri:20190911202618j:plain

 

だいぶ片付いた。棚は再度検討することにしよう。

 

 

あとは、とりあえずダラダラしよう。

 

ここ数日は、昼寝できなくなってきた。

 

昼寝不必要まで回復してきたようだ。

 

とりあえず、録画したBSの2時間ドラマを見た。

 

税務署の査察官の話だった。

 

普段は、ドラマの大げさな演技に疲れてしまうのだが、最近は気にせず見られる。

 

面白かった。

 

(ドラマを見てて気になるのが、会話の時必ず相手の肩越しで撮影すること。肩越しである必要はあるのだろうか?といつも疑問に思う。

 この方がワンショットのとき、「ここぞ感」が出るのだろうか)

f:id:kokotoriri:20190911212805p:plain

どのカットも会話は必ず肩越し

 

 

CMには「とっても若いおばあちゃん」が何回も出てきた。

 

何回も何回も。

 

「女性はいくつになっても女なんだなぁ」と感心させられる。

 

 

昼過ぎ、パンをかじる。

 

そろそろドラマを見るのも飽きてきたので、仕方なく市役所に行くことにした。

 

雨で暑くなくていい。

 

f:id:kokotoriri:20190911202027j:plain

山形市役所

 

 

ハウスクリーニングの補助金申請だ。

 

必要書類は

・申し込み書

・ハウスクリーニングの見積り書

・現況の写真

 

f:id:kokotoriri:20190911205222p:plain

現況の写真

 

役所の窓口に行き、申込書と一緒に提出した。

 

すると、窓口の女性が

 

「この見積書なんですが『一式』という表現では受け付けられないんです」という。

 

f:id:kokotoriri:20190911202534j:plain

NGな「一式」と「他」

 

初耳だった。

 

戸惑っている僕に構わず、窓口の女性は続けた。

「この申請が通った後に発注して初めて補助ができます」。

 

その話はもう5回目だ。

 

「その話は何度もお聞きしてましたけど、『一式がNG』というのは今初めて聞きましたね。資料のどこにも載っていない」というと、先方はオタオタし始めた。

 

彼女自身制度をよくわかっていないのだ。

 

 

彼女は一旦席をはずし、違う職員に聞きに行った。

 

戻って続けた。

 

「一式がNG」の理由は「補助できるものとできないものを明確に区別するため」という。

 

「見積書にある『他』という表現もダメなんです。

 『他』ですと補助できるものかどうかこちらで判断できないんです」。

 

なるほど。一理ある。

 

出し直しか…

 

じゃあどう書けばいいんだろう?

 

 

とりあえず考えるのも面倒なので、帰り道、落合によって泳ぐことにした。

 

水泳はいい。

 

泳いで気分がさっぱりした。

 

 

よし、さっきの話の続きに取り掛かろうじゃないか。

 

僕はハウスクリーニング屋さんに電話で報告した。

 

彼は

補助金が出た『過去の書類』でどう書いたかがわかればいい」と言った。

 

なるほど。

 

僕はすぐに市役所に電話した。

 

「先ほどはありがとうございました」と努めて明るく切り出した。

 

過去の実績を聞くと、彼女はまたアタフタしたのが電話口から伝わってきた。

 

「折り返します」

 

5分後。

 

「『5DKハウスクリーニング一式』と書いていただければ…」という。

 

『一式』はいいのか!?笑

 

さっきダメって言わねっけが??

 

担当者なのに、なぜそこわかってないの??

 

なぜ?

 

WHY??

 

为什么??

 

왜요??

 

要は「他」という表現がNGということのようだ。

 

ハウスクリーニング屋さんは「網戸張り替え」が

補助金を受けられるかグレーじゃないか」と気にかけ

「他」にしたのが仇になったようだった。

 

「網戸張り替え」という表現もOKらしい。

 

 

 

やれやれ。

 

お役所相手とならば、この程度の手間は仕方がない。

 

ハウスクリーニング屋さんには、改めて見積もりを出し直してくれることになった。

 

明日投函してくれるそうな。

 

ありがたい。

 

 

一段落してふと気づくと…

 

机の上が…!?

 

f:id:kokotoriri:20190911202450j:plain

荒れてる!?

 

きのうあんなに綺麗に片付けたのに!!

 

f:id:kokotoriri:20190910213010j:plain

きのう

 

 

なぜだ??

 

WHY??

 

为什么??

 

왜요??

 

世界は不可解なことに包まれている…

 

いいやもう。

 

せめて庭を片付けよう…

 

f:id:kokotoriri:20190911202551j:plain

数日分の庭の空き缶