meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

セルフリノベ39〜いよいよ最後〜

6月中旬に引き渡しされた物件のリノベーション。

 

いよいよきょうが最後の作業。

 

思えば早、2ヶ月半。

 

あっという間だった。

 

でも、でも、とても長い道のりだった。

 

ようやくここまでたどり着いた。

 

 

きょうは最後の作業。

 

①障子貼り

 

②空調屋さんがクーラー設置

 

③ハウスクリーニング屋さんの下見

 

 

障子は、相方が「やったことある」と言うので、YouTubeで予習することなく決行。

 

まずは霧吹きで障子を濡らして、古いものを剥がす。

 

相方は「この霧吹きは百均のとわけが違う。700円する霧吹き。霧の粒が細かいんだ」と得意げ。

 

僕は

「へー。違うんですか」と感心する。

 

f:id:kokotoriri:20190902213348j:plain

まずははがす

大半は、手伝いに来た友人が剥がしてくれていた。

 

剥がす作業はすぐ終わった。

 

 

次に糊付け。

 

ハケででんぷん糊を塗っていく。

 

f:id:kokotoriri:20190902213403j:plain

糊塗り

そして、障子を貼り付けていく。

 

途中、空調屋さんとハウスクリーニング屋さんが来る。

 

 

f:id:kokotoriri:20190902213402j:plain

エアコン設置作業

 

僕がハウスクリーニング屋さんと相談している間に、相方がどんどん進めていた(凄腕のハウスクリーニング屋さんだった)。

 

 

f:id:kokotoriri:20190902213239j:plain

どんどん貼り付ける

 

糊が乾燥したら、地ベラなるものでまっすぐに切っていく。

 

使うのはやはり「地ベラ&カッター」のセット。

 

リフォームには欠かせないコンビ。

 

扱いにもだいぶ慣れた。

 

f:id:kokotoriri:20190902214327j:plain

地ベラでまっすぐカット

f:id:kokotoriri:20190902214442j:plain

 

売主が中を見に来た。

 

「全く違う家になった」までは良かったが、「買い戻すか」を3回繰り返したのには困った。

 

午後、一通り貼り終えた。

 

f:id:kokotoriri:20190902214108j:plain

切り終えた後、さらに霧吹きする

 

 

f:id:kokotoriri:20190902214413j:plain

取り付け後

 

f:id:kokotoriri:20190902214420j:plain

ホワイトルーム

 

最後、荷物を寒河江の倉庫に持っていった。

 

これでこの物件のセルフリノベはほぼ終了だ。

 

ご協力、応援していただいた方々、ありがとうございました。

 

そして、お疲れ自分。

 

応援クリックしてくれたら、
泣いて喜びます!!↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村