meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記(今はコロナウイルスがらみばかり)〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった38歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

不死身??ヤマザワ名誉会長〜きょうの気になる記事〜

山形県民なら知らな人はいない、地域最大手・スーパーヤマザワ

 

その創業者・山形進氏(89)が、今年5月の株主総会で、突然クーデータを受け、スーパーの経営から切り離された。

 

理由は

経営判断ができなくなっている」というものだったと記憶している。

 

その彼が、温泉経営に乗り出すと言う。

 

f:id:kokotoriri:20190828215932j:plain

山形新聞記事

 

古い物件を購入し、新しく建て替えるという。

 

記事のシメは

山沢氏は日帰り温泉を経営する理由について「温泉は体にいいから」と答えた。 

 

それだけ?笑。

 

記事によると、実際は、山形大学がガン治療に力を入れているので、その家族の宿泊先を作ろうとしていたという。

 

 

そういえば、ヤマザワでは、ガン治療施設に多額の寄付もしていた。

 

山沢氏が、そうした経緯を取材に答えられないくらいの状態だということだろう。

 

敏腕経営者はいくら衰えても、常に新たなビジネスを模索しているのだなと感心させられる。