meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

きょうの気になる記事〜中国地方都市への輸出〜

妻の実家は、中国は河北省の唐山市という場所だ。

 

北京から車で3時間くらい。

 

日本でいうと、川崎のようなイメージだろう。

 

首都の近くにある工業地帯。

 

PM2.5の元凶でもある(実際、現地にいると2キロ先が見えないし、鼻毛の伸びるスピードが異様に早い)。

 

この唐山市、なんと酒田市姉妹都市にあるという。

 

最近、山形新聞によく出てくる。

 

f:id:kokotoriri:20190823222120j:plain

独立するとき「日本酒の輸出業」の1つの候補だった僕にとって、こうした記事はとても気になる。

 

しかも妻の故郷だ。

 

一度商談に来ただけで、県内規模とっては大口商談がすぐにまとまってしまう。

 

これが中国のすごさだ。

 

f:id:kokotoriri:20190823222115j:plain

 

僕は海外を股にかける記者・ディレクターになりたかった。

 

でもかなわなかった。

 

だから若かりし頃の夢を捨て、テレビを辞めた。

 

でも「世界を股にかける仕事」は諦めきれない。

 

不動産投資で少しずつ成長していけば、いつかは世界を股にかけることができるはずだ。

 

大好きな台湾やハワイ(行ったことないけど)に物件を買って運用したい。

 

北朝鮮にも。

 

そして、前職で制作を断念せざるを得なかった「在日朝鮮人ドキュメンタリー」を作るのだ。