meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

2号物件、ようやく最終引き渡し

寒河江の2号物件、支払い日になって物置の残置物処理が終わってないことがわかり、物置の引き渡しが済んでいなかった。

お盆休みを挟み、きょうようやく引き渡しだ。

双子を連れて行った。

f:id:kokotoriri:20190817220701j:plain

そして、物置。

f:id:kokotoriri:20190817220804j:plain

初めて中に入った。

f:id:kokotoriri:20190817220834j:plain

広い!!

2階ともこの広さ。

トイレも簡易キッチンもついている。

こりゃいいぞ!

人が住める。

「水道はどうなってますか?」

と、今更ながら聞いてみる。

トイレもあるんだ。

使えるに決まっている。

すると答えは…

「使えない。水道管が地下で切断されている」

マジか…

「電気もどうなってるかわからない」

とのこと。

よくよく聞いたら、確定してると聞いていた境界線もあいまい。  

ま、いっか。


最後に、物置の鍵を受け取った。

そして、僕は念のため預かっていた5万円をそのまま返した。

いくらか抜き取ってもいいかとも思ったが、交渉が面倒だったので全額そのまま戻した。

すると、売り主は帰り際、

「気持ちだ」と言って、僕が渡した封筒から1万円を抜き出して、僕に渡した。

僕は礼を言って、自家製のメロンとともに受け取った。

このあと、双子をチェリーランドに連れていき、アイスを食べさせた。

f:id:kokotoriri:20190817221159j:plain

水着を持ってこなかったことを後悔した。

双子はもうすぐ中国に帰る。