meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0"

双子パパの脱サラ日記〜子供との時間を大切にして生きる実証実験〜

テレビ一筋だった39歳。育休取得してパパ業の大切さと”ワンオペ育児”のヤバさに気づく。「このままじゃいかん」と思うものの記者業しながらの副業はこなしきれず、扶養や住宅ローンを抱える中とりあえず脱サラ。まずはセルフリノベで2軒の大家になり収入を少し確保。このブログでは、赤字生活で始まる無鉄砲な脱サラから事業成功までの過程を包み隠さずリアルタイムでお伝えします。YouTubeもぜひご覧くださいませ。当面の着地点は「好きな時に好きな場所に旅。家族みんなで。時に一人で」。

セルフリノベ開始⑩〜コンクート土間を平らにする〜

きょうは数日ぶりのセルフリノベ。

 

スーパーDIYer、小野氏も駆け付けてくれた。

 

なんと「スライド丸ノコ」持参で。

f:id:kokotoriri:20190713212238j:plain

スライド丸ノコ持参の小野氏

 

 

 

きょうは「給湯タンク」を撤去した場所を平らにする作業だ。

f:id:kokotoriri:20190713212158j:plain

以前の家主が使っていた、廃盤の給湯タンク

 

産廃業者からは「撤去に2〜3万円かかる」と言われていた。

 

そんなにかかるなら、分解して捨てようかとも思ったが、

山形市の立谷川ゴミ処理施設に頼んでだら、1000円で粗大ゴミとして回収してくれた(電話では「見てみないと回収できるかわからない」と言われた)。

 

撤去は、中高の友人H司が手伝ってくれた。 

 

ちなみに土間に敷いてあった新聞。

 

f:id:kokotoriri:20190713220713j:plain

ちょうど6年前の参院選の記事。

 

f:id:kokotoriri:20190713220743j:plain

テレビマンも写り込んでいる

 

土間はきれいに掃き掃除した。

 

水道管と排水溝とアース線だけが残った状態。

 

f:id:kokotoriri:20190713212447j:plain

撤去後

 

さて、ここを平らにする作業だ。

 

8日月曜、小野氏と一緒に、必要なツーバイフォー材を買ってきていた。

 

f:id:kokotoriri:20190713212558j:plain

長さを測って木を切っていく

そして、ビスを斜め打ちして材をつなげていった。

 

f:id:kokotoriri:20190713213037j:plain

最後の仕上げ部分

そして、高さを測り、束を切っていく。

f:id:kokotoriri:20190713213106j:plain

ミリ単位で切る小野氏

水道管が出ている部分にへこみをくつる。

 

f:id:kokotoriri:20190713213333j:plain

丸ノコを駆使

f:id:kokotoriri:20190713213354j:plain

二箇所目

子供が突然遊びにきた。

 

初めてきた。

 

f:id:kokotoriri:20190713213426j:plain

すぐ帰っていった

f:id:kokotoriri:20190713213457j:plain

束も完成

最後はおもて面をフラットにするため、4ミリ合板を釘で打ち付ける。

 

f:id:kokotoriri:20190713213547j:plain

合板をはめ込むため切る小野氏

そして、ついに完成。

 

ぴったりだった。

 

排水溝を塞いだら、きちんと設置します(写真は後日)。